« 竹島問題 | トップページ | コウモリ »

2008年7月15日 (火)

出漁とりやめ

燃油価格高騰による窮状を訴えるため、全国各地の20万隻の漁船が今日出漁を取りやめた。琵琶湖の鮎漁も取りやめに参加した。当面魚の水揚がへり、価格も上昇するがやむをえない。ただ苦しいのは漁業者ばかりではなく、あらゆる業種が厳しいはずだ。漁業者は出漁を止めればよいが、農業資材価格高騰の中、農業者は野菜の生育を止めるわけには行かないし、野菜が育ったら、値段が安くても売らざるを得ない。今笑いが止まらないのは、鉱石、原油、原紙を持っている業者と、成果とは無関係に給料がもらえる、景気とは無縁の公務員・・・?こんな世の中いつまで続くのか?

« 竹島問題 | トップページ | コウモリ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 竹島問題 | トップページ | コウモリ »