« メダル | トップページ | オグシオ »

2008年8月11日 (月)

スエマエ

バドミントンと言うオリンピックでは超地味~なスポーツの世界で、日本にはサンヨーのオグシオ(小椋久美子、潮田玲子)ヨネックスのアカマツ?(赤尾亜希、松田友美)そしてNECのスエマエ?(末綱聡子・前田美順)コンビが有名なのだそうだ。その「第3」のペア「スエマエ」が、アテネ五輪金メダルで世界ランク1位の中国ペア勝つという大金星!バドミントンは昔から馬術、カヌー、アーチェリー、フェンシング、ホッケー、射撃、卓球などと並んで「地味」を代表する種目だったが、最近は様相が変わってきた。たかが羽根つきと侮るなかれ!・・・それにしてもペアの愛称を苗字の最初2文字を繋ぎ合わせるだけの短絡的なネーミングは止めて欲しい。マスコミも暇なんだから、もっと知恵を働かしてヒネッた愛称を考えてあげて欲しいものだ。

« メダル | トップページ | オグシオ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« メダル | トップページ | オグシオ »