« 上野由岐子 | トップページ | 地蔵盆 »

2008年8月22日 (金)

分析

マトリックス分析は簡単な経営判断や、二つの要素の相関を見るのによく使う手法である。X軸とY軸で区切られた4つのゾーンのどれに該当するかでいろんな分析が出来る。詳しい事はさておき、オリンピックを分析すると「①期待通りメダル獲得した選手」「②期待されていたのにメダルを獲得できなかった選手」「③期待されていなかったのにメダルを獲得した選手」「④期待もされずメダルも獲得しなかった選手」となる。経営的に言えば④の選手を派遣すること自体間違っているし、②の選手は叱責を受ける。しかしオリンピックは経営ではない。オリンピック選手は国内では最高のレベルを評価され、それぞれこの日のために日々精進し、結果は運命のいたずらである。マスコミがとやかく言う問題でもない。真実だけ報道していたら良いのである。

« 上野由岐子 | トップページ | 地蔵盆 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 上野由岐子 | トップページ | 地蔵盆 »