« スナップ写真 | トップページ | ロシア孤立化 »

2008年8月26日 (火)

癒し系とこだわり

先日地蔵盆に参加して、子供たちの会話を聞いていたら言葉が大変乱れていると思った。小学生が「語尾上げ言葉」や「ら抜き言葉」は当たり前で「うざい」とか「チョベリバ」とか言う言葉を普通に使っている。これでいいのか日本人!・・・大人が使う言葉で私が嫌いなのは「癒し系」と「こだわり」である。癒すとは本来喉の乾きを潤すとか病気が治ると言うニュアンスの言葉だと思うが、癒し系アイドルとか言うと非常に不愉快な響きになって伝わってくる。こだわりも本来人の意見も聞かず自己中心的に突き進む頑固オヤジのイメージの言葉だが、今ではひとつ上のとか高級と言う意味で使われることが多いが言葉としては使い方が正しくないと思う。そんな言葉にいちいち「こだわって」いてはいけないのか?

« スナップ写真 | トップページ | ロシア孤立化 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« スナップ写真 | トップページ | ロシア孤立化 »