« 王貞治 | トップページ | 秋晴れの土曜日 »

2008年9月26日 (金)

アソウ

アメリカ映画を観ていると放送禁止用語のFUC☆,GOD DAM☆,ASSHOL☆,BITC☆,SHI☆など、汚い言葉が何度も発せられる事がある。麻生首相が今アメリカで話題になっている。「麻生」は日本では由緒ある苗字だが、ネイティブのアメリカ人の耳には、「アソウ」という発音が「ASSHOLE」と同じに聞こえるそうだ。日本語に訳せば「くそったれ首相」「大ばかやろう総理」と言う事になる。シカゴカブスの福留選手も、日本では「福を留める」という、大変幸せな名前だが、アメリカではFUCK・GOD・DAMNをあわせたような汚い響きになる。文化の違いとは言え、困ったことだ。日本プロ野球にやってきた外国人にも、ギャグになりそうな苗字の選手がたくさんいた。スタンカ、バッキー、ガリクソン、ミヤーン、キーオ、パチョレック、ソレイタ、ガイエル、クルーン・・・。今でも忘れられないのは、フィンランドのスキージャンプの名選手で、真摯な取り組みで、感動を与えてくれた人、その人の名は「アホネン」。教訓!人は名前や、外見だけで判断してはいけない。

« 王貞治 | トップページ | 秋晴れの土曜日 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 王貞治 | トップページ | 秋晴れの土曜日 »