« 運動会の裏方 | トップページ | 事故米 »

2008年9月 8日 (月)

ロシア人力士

日本相撲協会の北の湖理事長が辞職し、大麻疑惑の露鵬、白露山の兄弟が解雇された。同じロシア出身の若ノ鵬が大麻取締法違反で解雇され、理事長の辞任は遅すぎたように思う。朝青龍のモンゴルサッカー事件の時も対応が鈍かった。要するにこの北の湖理事長は、大横綱ではあったが、理事長としての資質はなかったと言う事だ。野球の世界でも名監督は名選手にあらずと言う例があるように、本気で相撲界を立て直す気があるならば、元力士という閉鎖的な人選にこだわらず、経済界、マスコミなどいろんな業界?から人選した方が、革新的な改革が出来るのではないか?

« 運動会の裏方 | トップページ | 事故米 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 運動会の裏方 | トップページ | 事故米 »