« 自動音声 | トップページ | 日にち薬 »

2008年10月15日 (水)

クラウド

パソコンは本体+キーボード+ディスプレイが中心となり構成されている。その本体の中にソフトやアプリケーションなどいろんなデータが入っていると考えるのが常識である。その常識が覆される状況になってきた。クラウドコンピューティングという言葉を時々聞く。インターネットと言う雲(クラウド)の向こう側に、巨大なサーバーがあって、それを自由に使えるから、いちいち個人、企業ごとにソフトを持ったり開発したりする必要がなく、大幅なコストダウンが出来る。セキュリティは完璧だと言うが、企業や個人情報をハッカーに盗まれるリスクは当然ある。ネットが故障すれば世界中の企業がパニックに陥る恐れもあり、さらに世界中の情報が、このクラウドコンピューティングを運営する、Google、Microsoft、Yahoo、Amazon.、eBay、Salesforceなどのアメリカ企業に独占され、情報がコントロールされ、考えてみれば恐ろしい話だ。私のブログの記録も、インターネットを通じてプロバイダーが保存しているわけだから同じようなものだが、インターネットが進化すればするほど、個人情報保護は出来なくなるのは間違いない。

« 自動音声 | トップページ | 日にち薬 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 自動音声 | トップページ | 日にち薬 »