« 柳生真吾 | トップページ | 組織人 »

2008年11月10日 (月)

西武優勝

西武が巨人を破って日本一になったのがうれしい。MVPに選ばれた岸投手は初々しく爽やかだ。体重が軽いので、胴上げもトランポリンの如く高々と舞ったのが面白かった。先発した野手の年俸合計を比較すると西武は約3億円、巨人は約16億円。西武は平尾を除き残り全員生え抜き選手であるのに対して巨人は鈴木・亀井・坂本を除き残りは他チームからの移籍組。移籍はサラリーマンの転勤と同じで、悪いとは思わない。しかし巨人の場合は、あまりにも露骨に有力選手を買い漁っている感じがして不愉快だ。ラミレス、李、小笠原、谷、木村拓、豊田、クルーン、グライシンガー・・・こんなオールスターチームでは生え抜き選手は育たない。野球はチームスポーツ。今回はまれに見る接戦であったが、勝ち負けを分けたのは、微妙なチームワークの差ではなかったかと思う。流通再編成で、西武優勝セールが、西武、西友、そごう、イトーヨーカドー、セブンイレブンなどなどワケがわからないが、安けりゃ何でもOKだ!

« 柳生真吾 | トップページ | 組織人 »

コメント

巨人は確かに補強のやり方がひどい印象はあります。自分もアンチGに近いですけど、今回のシリーズ見て少し見方が変わりました。特に投手は生え抜きが頑張ってる印象です。外国人二人と豊田くらいぢゃないですか、外様って。西武だって先発の一人は二年八億積んだFAですし、移籍ではないにしろ抑えは助っ人。MVP級の活躍をした決勝タイムリーの打者は虎出身です。巨人は金でおびき寄せてる悪い印象が強い分、必要以上に悪く見られてしまうんぢゃないかと。生え抜き以外が優勝に貢献なんつうのは今時珍しくなくなりましたよね。なにはともあれ、自分は西武ファンなので素晴らしいシリーズでしたが(笑)。

WBCに西武の若手が候補にあがっていますね。メジャー選手もいいけど、日本の若手も頑張ってほしいものです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 柳生真吾 | トップページ | 組織人 »