« 水が合う | トップページ | USBメモリー »

2008年11月26日 (水)

ブラジル人

滋賀県で外国人労働者が一番多く働くのが、甲賀市、湖南市である。その中でもブラジル人が半数以上いるそうだ。先日も湖南市を車で走ったが、ポルトガル語らしき看板やポスターや、ブラジルの製品を販売する店、ブラジル料理レストランなどを随所で見かけた。滋賀県南部の製造業を支えてきたブラジル人労働者が、景気低迷で、苦境に立たされている。気候も文化も違う異国での失業は気の毒でならない。景気回復を待つしか手立てはないものか?小沢は信用ならないとか、麻生発言はチンピラの言い掛かりなど言っている場合ではない。早く日本を立て直してくれ~。

« 水が合う | トップページ | USBメモリー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 水が合う | トップページ | USBメモリー »