« 方広寺の梵鐘 | トップページ | 飯島愛 »

2008年12月24日 (水)

東京タワー

関西人の私達の場合の修学旅行は、小学生は伊勢、中学生は東京、高校生は九州と決まっていた。最近は修学旅行の行き先や、形態は様変わりしているが、東京ディズニーランドなどなかった時代、私が中学生の時は東京と言えばコースは皇居と東京タワーと決まっていた。当時、まだ出来たばかりの東京タワーは感動的だった。333メートルの高さはパリのエッフェル塔より高く、世界一であった。風にも地震にも強いと言う竹中工務店が1958年に建てた東京タワーが建設後50年を経過したそうだ。ただ私は関西人なので奥村組が1956年に建てた通天閣のほうが親しみがわく。名古屋テレビ塔、さっぽろテレビ塔、通天閣、東京タワー、いずれも、設計を担当したのが内藤多仲と言う人だ。今から思えばすごい建築家だったようだ。

« 方広寺の梵鐘 | トップページ | 飯島愛 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 方広寺の梵鐘 | トップページ | 飯島愛 »