« 2008年振り返り<国際編> | トップページ | 2008年振り返り<スポーツ編> »

2008年12月28日 (日)

2008年振り返り<芸能編>

寒風吹き荒ぶ中、今日は大掃除をした。デリケートな手なので、軍手の上から大き目のゴム手袋をはめて、完全防備で窓拭きや、照明器具の清掃や洗車を行った。さて、今晩も総集編があるが、今年はNHK大河ドラマ「篤姫」、「大奥モノ」はたぶん退屈だろうと思っていたが、期待以上に面白かった。他には大作はなかったが「バッテリー」「フルスイング」「七瀬ふたたび」「流星の絆」などが印象に残ったドラマだった。外国の映画・音楽界で亡くなった人、スザンヌプレシェット(夏の日の恋でトロイドナヒューと共演)、バリーモース(テレビ映画逃亡者のジェラード警部)、チャールトンヘストン(ベンハー、猿の惑星など出演)、ポールニューマン(明日に向かって撃て、スティングなど出演)、アーサキット(「ウシュクダラ」や「証城寺の狸ばやし」などが日本でヒットした変な外人歌手)などが亡くなった。謹んでお悔やみ申し上げます。

« 2008年振り返り<国際編> | トップページ | 2008年振り返り<スポーツ編> »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2008年振り返り<国際編> | トップページ | 2008年振り返り<スポーツ編> »