« 年賀状分析 | トップページ | 安馬と久馬 »

2009年1月10日 (土)

築地市場

外国人観光客を中心に人気が高い東京築地市場のマグロの競りの見学が、再開された。先日のNHKの築地市場紹介番組は面白かった。ある外国人がこの市場を称して「秩序ある混沌」と、うまい表現をしていた。狭い通路をフォークリフトが行き交い、危険だが、何らかの暗黙のルールがあるのだろう。しかし、ここは、プロが命がけで働く神聖な職場である。市場関係者にとって、特に文化の違いのある外国人が、マグロを触ったり、フラッシュ撮影したりするマナー違反がひどいそうだ。それにしても、昔の外国人は、「フジヤマ」「ゲイシャ」に「京都」「奈良」だったのに、今や「秋葉原」に「築地」を見て寿司を食う!と言うのも時代は変わったものだ。

« 年賀状分析 | トップページ | 安馬と久馬 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 年賀状分析 | トップページ | 安馬と久馬 »