« バードストライク | トップページ | ライフライン »

2009年1月17日 (土)

震災の記憶

今年もまた阪神淡路大震災の日がやってきた。私は現在の住居で震度5を経験した程度で地震で物は落ちてこなかったが、私がベッドから落ちたというか飛び起きた。14年前の出来事である。私が戦争を知らないのと同様、現在の小学生以下の子供たちは阪神淡路の地震の恐怖を知らない。震災で失ったものは計り知れない。尊い命、建物、住居、家財、町並み、思い出の品・・・逆に震災で得たものもある。命の尊さ、家族の絆、人の温かさ、ボランティアという無償の行為、ライフラインの重要性を知ったこと・・・それでもこの記憶は年々風化する。地震、雷、火事、台風・・・中でもまったく予告なく突然起こる地震の恐ろしさは、体験した人でないとわからないし、今なお地震による精神的、肉体的後遺症を抱えている人や、家を失いローンが残った人、故郷をなくした人などが大勢いる事を聞くと他人事ではない。

« バードストライク | トップページ | ライフライン »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« バードストライク | トップページ | ライフライン »