« 築地市場 | トップページ | ノートパソコン »

2009年1月11日 (日)

安馬と久馬

新大関「安馬」改め「日馬富士」は、ガチガチに緊張していたようで、負けてしまった。毎年1月初旬京都で行われる女子駅伝を見ている。2001年以降優勝は兵庫と京都が独占しているが、今年は5年連続京都の優勝であった。兵庫2区の小林 祐梨子の29人ごぼう抜きも痛快であったが、京都はとにかく選手層が厚い。特に今年の注目は「馬」は「馬」でも久馬悠と萌の中学生双子姉妹である。8区を走った久馬萌の走りは、まるで短距離走を見ているようなフォームで、猛スピードで走り、最後まで息切れすることなく走り抜けたのは、さすが若さのなせる業だ。マラソンや駅伝は、ほかのスポーツと違ってただ黙々と走るだけだが、なぜかテレビに見入ってしまうのはなぜだろう?

« 築地市場 | トップページ | ノートパソコン »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 築地市場 | トップページ | ノートパソコン »