« 大雪と山火事 | トップページ | 炎上 »

2009年2月10日 (火)

空気を読む

「空気読め!!」 それより部下の 気持ち読め!!・・・今年のサラリーマン川柳の入賞作のひとつである。昔は空気を読むと言う表現はしなかったが、場の雰囲気を敏感に察知する人と、そうでない人がいたものだ。ただこの風潮はいかがなものかと私は思う。自分の意見を持っていても周りの雰囲気を感じ取って発言せずに埋もれてしまうのはもったいない。出るクイは打たれるが打たれないようにクイを出さなければ新しい発見もない。そんなグループや組織に未来はない。空気ばかり読んでいないで、もっと前向きに激論を戦わし、建設的に行動すべきだと思うのだが・・・。スーパー「S」のキャッチコピーは「KYで行こう」である。「価格安く」だそうだ。そういえば最近、近くの「S」に時々買い物に行くが、他のスーパーでは2000円程度かなと思ってレジで精算すると意外や1700円程度に収まる。どれがと言うものはないが、全般的に安いのである。消費者の空気を良く読んでいる店だと思う。

« 大雪と山火事 | トップページ | 炎上 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大雪と山火事 | トップページ | 炎上 »