« 空気を読む | トップページ | 黄砂 »

2009年2月11日 (水)

炎上

オーストラリアでは山が炎上、北京では高層ビルが花火が原因で炎上、インターネットの世界ではブログがあちらこちらで炎上している。そもそもブログというものは、個人的なものであるが、その内容によって、他人を幸せにしたり、感動を与えたりすることがある反面、怒らせたり、悲しませたり、刺激したり、不愉快な思いにさせたりするリスクがある。不特定多数の人が自由に閲覧できるのであるから、人を煽動することも出来るし、ある意味で影響力は大きい。ましてや有名人が書くとその影響力は世界に及ぶこともある。韓国ではブログに書き込まれた中傷で、自殺に追い込まれた人、日本でも最近お笑いタレントがかつて殺人事件を起こしたかのような書き込みが次々エスカレートしブログが炎上したのは、恐ろしいことだ。書き込む側の人は名前も顔も正体が明かされないのでますます過激になりがちである。幸い私のブログは、社会への影響力はほとんど皆無に等しく、顔の知れた、ごく一部の人しか見ておられないので安心であるが反面ちょっと寂しい。

« 空気を読む | トップページ | 黄砂 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 空気を読む | トップページ | 黄砂 »