« 15秒ルール | トップページ | 春隣 »

2009年2月14日 (土)

ごみ袋有料化

滋賀県草津市は、人口増でごみ焼却施設がキャパを超えそうになってきたので、ごみ減量のため、近々無料配布しているごみ袋の有料化しようとしている。 45リットルサイズの大きなごみ袋を1枚50円、15リットルサイズの小さい袋を17円として、スーパーなどで販売するという案が出て、現在検討中である。さらに現在は10種類の分別収集に対応しなければならないが、新たに古紙を加え11種類とする案もある。環境問題と言う総論は賛成だが、袋が有料と言う各論は?である。下手をすると、道端の不法投棄を助長し、コンビニのゴミ箱も修羅場と化すかもしれない。先日発表されたサラリーマン川柳に「エコバック 集まりすぎて ムダバック」とか言うのがあった。袋が有料になるのなら、今から袋の使用を制限し、コツコツチマチマ貯めておこう。

« 15秒ルール | トップページ | 春隣 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 15秒ルール | トップページ | 春隣 »