« アメリカ村 | トップページ | 50% »

2009年2月23日 (月)

おくりびと

プロ野球などスポーツの世界では日米間の言葉の壁はほとんど感じないが、映画や音楽は、やはり言葉の壁が立ちはだかる。そんな中、今年のアカデミー賞で滝田洋二郎監督の「おくりびと」が外国語映画賞に選ばれた。また、加藤久仁生監督の「つみきのいえ」が短編アニメーション賞に選ばれた。昨年のノーベル賞以来の明るいニュースだ。「おくりびと」は英語で「DEPARTURES」と紹介されている。空港ロビーで出発と到着をdeparture and arrival と表現するが、DEPARTURESは出発、発車の意味があるが、人間の死とか、亡くなった人を天国に送ると言うニュアンスは日米共通する感性なのかもしれない。今日はアカデミー賞のおかげで、総理の支持率云々のドロドロしたマスコミの追っかけから少し開放され、与党諸氏は小休憩?

« アメリカ村 | トップページ | 50% »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アメリカ村 | トップページ | 50% »