« 解雇と除名 | トップページ | 入浴法 »

2009年2月 3日 (火)

日本酒

最近は日本酒を飲まなくなった。宴会の頻度が少なくなったこともあるが、飲む機会があれば、「とりあえずビール」である。そして、食生活が欧米化し、ポリフェノールの効能が話題になり、ボジョレヌーボーのイベントが当たり、ワインが日本に定着したこと、さらに昔は安物の酒と揶揄されていた焼酎も、お湯割りとか酎ハイとかでブームが起こり若者中心に定着したことなど要因はあろうが、日本酒は低迷している。何よりも日本酒はアルコール度が高いので、気軽に飲めないと言うのがポイントだろう。日本酒は昔は、特級、一級、二級と格付けされ、辛口か甘口かという尺度で選べたが、今は、吟醸とか純米とか本醸造とか、素人には区別が出来ない呼称になっており、どれが良いのか悪いのかわからない。私は酒飲みではないが、日本酒は嫌いではない。ワインは極論すればブドウが腐って勝手に出来るが、日本酒は人の技によって出来る日本独自の高度な文化の産物だ。真夏は冷たいビールが欲しいが、花見酒、冷酒、月見酒、雪見酒など日本の四季や和食にマッチするのはやはり日本酒だ。

« 解雇と除名 | トップページ | 入浴法 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 解雇と除名 | トップページ | 入浴法 »