« ETC | トップページ | 銀行合併 »

2009年3月13日 (金)

独裁者と海賊

来月4日あたりに、北朝鮮が人工衛星と言う名のミサイルを日本にめがけて発射するらしい。狂った独裁者の恫喝外交の一環であろうが、許しがたい。JALやANAも飛行ルートを変更したり、その影響は計り知れない。迎撃ミサイルで撃ち落すべきだ。昔スーパーマンと言うテレビ映画があった。悪者がミサイルを撃ってきたとき、スーパーマンがロケットの先端を掴んで180度方向転換させ発射台に向きを変え、悪者を撃退するシーンがあったのを思い出す。愚かな行為はやめさせるべきだ。悪と言えばソマリアの海賊!!海賊から日本船舶の安全を守るため、アフリカ・ソマリア沖に海上自衛隊を派遣することになった。法律的にはまだまだ議論の余地がありそうだし、武器使用とかにいろいろ制約があって、不安は残るが、まあやむを得ないかなと思う。問題は問題として、日本のために命をかけて、任務につく隊員に敬意を表したい。道中ご無事で!

« ETC | トップページ | 銀行合併 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ETC | トップページ | 銀行合併 »