« 銭形平次 | トップページ | 必死のパッチ »

2009年3月27日 (金)

上空飛行

WBCの余韻もようやく静まって、今度は甲子園ですごい記録が出た。報徳学園の8番バッター平本龍太郎君が、1試合最多塁打16と言うとんでもない新記録を作った。本塁打+安打+三塁打+安打+三塁打+本塁打=4+1+3+1+3+4=16である。相手の今治西の内野手は、ボールが次々と上空を飛んで行き、唖然としたことだろう。4月4日ごろ北朝鮮は日本の上空を飛行するミサイルを発射しそうだ。見事撃ち落して日本の防衛力を国民に見せて欲しいものだ。結果はどうであれ、北朝鮮の国営朝鮮中央テレビの女性看板アナウンサー、李チュンヒさんが登場して、「人工衛星打ち上げに成功し、衛星から金正日をたたえる歌が世界に配信されている」とでもいつもの名調子で放送することだろう。内容はともかく、日本人アナウンサーも、なぜ李さんの話し方に存在感と説得力があるのか勉強するのも良いのでは?ちなみに李さんは60代半ば、国から高級住宅と高級外車を与えられている特権階級だそうだ。

« 銭形平次 | トップページ | 必死のパッチ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 銭形平次 | トップページ | 必死のパッチ »