« 時は今 | トップページ | 政治献金 »

2009年3月 3日 (火)

さもしい矜持

紆余曲折、二転三転、七転八倒、いろんな四文字熟語が当てはまる「定額給付金」がいよいよ支給される。麻生総理のおかげで二つの新しい言葉を勉強した。「矜持」は「きょうじ」と読み「自信、誇り、プライド」のこと。「さもしい」とは「心が卑しい、あさましい、見苦しい」ことである。冷静に考えると12000円いただくのではなく、払った税金の還付であると思えば、大騒ぎすることはない。なぜ子供や高齢者が2万円なのか、納得が行かないが、とりあえず粛々とポケットに入れて、食費の足しにしよう。おそらく世帯主の口座に振り込まれるのだろうが、それを貯金する人も多いだろう。子供が「僕がもらった2万円だ!貯金は不当だ」と親子喧嘩もあちらこちらで起こりそうだ。振り込み詐欺も暗躍するだろう。定額給付金ばかりがクローズアップされ景気対策は二の次。東証株価指数は続落。終値はバブル後安値を下回った。政権争いで与野党足の引っ張り合いを目の当たりにして、国会議員は「さもしく」もあり、国政は「さみしく」もある。大半の政治家には日本の未来を良くしようという政治家としての「矜持」はなさそうだ。

« 時は今 | トップページ | 政治献金 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 時は今 | トップページ | 政治献金 »