« 政治献金 | トップページ | 町おこし »

2009年3月 5日 (木)

啓蟄

二十四節気を冬至からスタートすると、冬至・小寒・大寒・立春・雨水・啓蟄・春分・清明・穀雨・立夏・小満・芒種・夏至・小暑・大暑・立秋・処暑・白露・秋分・寒露・霜降・立冬・小雪・大雪・・・これで一巡!日本人の季節感は実にデリケートだ。今日は啓蟄だ。冬眠していた虫が土から出てくる日だ。ついでに出なくてもよい大量の花粉も今日がピークなのか?3日でティッシュ1箱なくなる。鼻は真っ赤、目はかゆい。若い頃は、春と言えば、卒業、入学、入社など期待と不安が入り混じった「ドキドキ」「ウキウキ」の季節だったが、今は「暗黒」の季節だ。鼻と口の近くに小型掃除機のようなものを取り付けて、体内にはいらぬよう、花粉を吸い取る器具を誰か発明してほしい。

« 政治献金 | トップページ | 町おこし »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 政治献金 | トップページ | 町おこし »