« 蜂の失踪 | トップページ | カレー事件 »

2009年4月20日 (月)

政党交付金

年4回配られる政党交付金の第1回分が支給された。「自民」39億3000万円・「民主」29億5000万円・「公明」6億8000万円・「社民」2億2000万円・「国民新」1億円・「新党日本」5000万円・「改革クラブ」2000万円・「共産党」ゼロ円。企業、労働組合、団体などからの政治献金を規制し、活動費をクリーンにするのが目的だったが、使途に対する制限がないので、所詮政治屋のやること、高級料亭での飲食費、タクシー代、政党のテレビCM作成費など、やりたい放題である。一方で、タレント政治屋たちは、テレビのワイドショーに出まくって、ギャラを荒稼ぎし、政党交付金は何か矛盾を感じる。しかも、この金を、参政権のない未成年や外国人からも年間250円取っているのも納得が行かない。趣旨は立派でも、運用する人間に倫理観がなければ、無駄な金になる。本当にクリーンな、真の「政治家」と呼ぶに値する人の出現を期待するしかない。 

« 蜂の失踪 | トップページ | カレー事件 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 蜂の失踪 | トップページ | カレー事件 »