« マスク | トップページ | 盧武鉉前大統領 »

2009年5月22日 (金)

騒ぎすぎ

今日も町全体がひっそりとして、若者がどこかに消えた。京都でも多くの大学が休校騒ぎ。先日の草薙剛の時に感じたことだが、マスコミは騒ぎすぎ。今回のインフルエンザでも、マスコミがどんどん国民を煽って恐怖心を植えつけて国民を陥れようとしているように思えてならない。マスク、消毒液などにかかわるメーカーは笑いが止まらないだろうが、こんなことで良いのか?最近はテロや大地震や豪雨災害に対する報道が減り、危機意識が少し薄れているようにも思う。もしここで大地震でも起こったら、インフルエンザ騒ぎなど消えてしまうのが日本のマスコミの特徴だ。人間が集まって組織したマスコミが魑魅魍魎に変身!これが人間の行動をコントロールする。マスコミは時には役立つ存在だが、インフルエンザより恐ろしい存在かもしれない。

« マスク | トップページ | 盧武鉉前大統領 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« マスク | トップページ | 盧武鉉前大統領 »