« 電源ワイヤレス | トップページ | 党首討論 »

2009年5月26日 (火)

核実験と言う暴挙

昨日北朝鮮は地下核実験を行い、さらに日本に向け2発の短距離ミサイルを発射した。国連がどのような決議を出すかは知らないが、許しがたい暴挙であり、看過出来ない。今回の意図は別にして、日本全土が北朝鮮の核の脅威にさらされると言うことだ。アメリカには直接脅威にはならないので、その受け止め方に温度差がある。要は日米安全保障条約だけで日本が本当に守れるのかと言うことである。「断固抗議」とか「対話と圧力」としか言えず、敵国北朝鮮のなすがままに無抵抗で良いのか?日本が核保有すべきだとは思わないが、キレイごとを言っている状況ではない。少なくともピョンヤンを攻撃するだけの軍事力は早急に装備すべきだ。

« 電源ワイヤレス | トップページ | 党首討論 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 電源ワイヤレス | トップページ | 党首討論 »