« ゆびとま | トップページ | エコカン »

2009年6月 1日 (月)

改正薬事法

医薬品は薬効に応じて1類2類3類に分類されている。改正薬事法が今日から施行され、薬局・薬店以外でも、「登録販売者」がいる店舗であれば、コンビニなどでも2・3類の一般用医薬品の販売ができるようになった。逆にインターネットでは3類だけしか販売できなくなる。ネット業界は猛反発しているが、薬の副作用とか考えると止むを得ないかなと思う。ネットはそれでなくても闇の販売が横行するアブナイ世界であるから、これくらいの規制は必要だろう。ただ、小売店舗が一気に増えると言うことは「登録販売者」に対する求人が一気に増える。そうなると、資格取得のハードルを下げるよう小売業界から圧力がかかり、登録販売者の粗製乱造が起こる懸念があると思う。結局は自己責任で、医師の診断と自分の判断で薬を選ぶしかない。そして何より、極力薬に頼らず、健全な食生活をするのが一番だ。わかっちゃいるけど・・・。

« ゆびとま | トップページ | エコカン »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ゆびとま | トップページ | エコカン »