« 苗の植え方 | トップページ | 入梅 »

2009年6月 8日 (月)

辻井伸行

世間の人は視覚障害を持つ人はかわいそうだと同情する。果たしてそうなのだろうか?「全盲は不自由なれど不幸にあらず」と言った人がいる。第13回バン・クライバーン国際ピアノコンクールで20歳の日本人ピアニスト、辻井伸行が優勝した。生まれたときから全盲だったと聞く。演奏をYOUTUBEで聴いたが、演奏に惹かれ、彼が全盲であることを忘れてしまう。これはまさに神業だ。観客のスタンディングオベーションに深々と頭を下げてお辞儀をする姿は、幸せいっぱいと言う感じだ。彼には「全盲の」とか言う枕詞のような紹介は無意味だ。まさに日本人の誇りだ。

http://www.youtube.com/watch?v=X9MlN-ZudKo&feature=related

« 苗の植え方 | トップページ | 入梅 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 苗の植え方 | トップページ | 入梅 »