« ペリカン | トップページ | マイケルジャクソン »

2009年6月25日 (木)

見切り販売

地球上で年間約5000万人の人が餓死していると言われている。日本の食糧自給率が40%以下だと言うのに、コンビにでは賞味期限切れの弁当食材をバンバン捨てている。誰が考えても間違った行為だ。先日、セブンイレブンが販売期限の迫った弁当などの「見切り値引き販売」を行う加盟店に対して不当な制限を行ったとして、公正取引委員会から排除措置命令を受けていた。「ブランド維持」の美名のもと、値引きも許さず、廃棄したらその額に応じてチャージ料をピンハネし、無駄遣いの巣窟である日本の官僚もびっくりするようなシステムに、ようやくメスが入った。「見切り販売」をするようになってから、ある店では年間の廃棄額が650万円から28万円に激減したとの事。大手コンビニの幹部は、効率を求める前に、人間として、地球上の餓死者のこと、食糧自給率のことを真面目に向き合って考え、反省して欲しいものだ。

« ペリカン | トップページ | マイケルジャクソン »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ペリカン | トップページ | マイケルジャクソン »