« 不正選挙 | トップページ | エルピーダメモリ »

2009年6月18日 (木)

臓器移植法

脳死を人の死とする臓器移植法改正案のA案が可決され、衆院を通過した。A案は4案の中では明らかに脳死移植を増やすことを目的にし、15歳未満からの臓器提供を可能にするものだ。高額な費用をかけて海外での移植に頼ってきた子供の場合でも、国内での移植に道を開く意義は大きいが、本人意思が不明でも家族の同意があれば臓器摘出を認めるのはちょっと疑問だ。1歳の子供に自分の意思を示せと言っても無理な相談だし、子供を虐待したりする親に、そんなことを決める資格などないと思う。私は義手義足のように人工的に造られた臓器であれば良いが、他人の臓器移植については基本的に反対だ。それによって救われる命があることは十分承知しているが、倫理的にしっくり納得できない。私自身、脳死は人の死だと思う。ただ、家族だったらまだ良いかもしれないが、他人に臓器移植したり、されたりしたいとは思わない。

« 不正選挙 | トップページ | エルピーダメモリ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 不正選挙 | トップページ | エルピーダメモリ »