« 虫刺され | トップページ | 「1Q84」 »

2009年7月13日 (月)

政権交代

東京都議選の「民主圧勝、自民惨敗」で、いよいよ国政の政権交代が現実味を帯びてきた。ただ、民主党は、お祭り気分で、少々「はしゃぎすぎ」で地に足がついていない印象が強い。政権運営未経験の民主党が、どれだけ改革をしてくれるのか、不安が先立つ。国民ももっと冷静にならないと危険だ。ちょうど郵政民営化の時と同様に、ムードだけで選挙が行われ、自民が圧勝して、結果国民の中に、抜き差しならない格差社会を作り上げてしまったように、民主が政権をとって実際何が出来るのか?むしろ民主のような素人集団が、政権をとることによって言葉では「脱官僚」などと言うが、現実はますます官僚の思う壺になってしまいそうな気がする。日本は一体どこに向かってゆくのか?経済、安保、年金、福祉、教育・・・政治哲学も倫理観も欠如した付け焼刃のマニフェストで、日本は救われるとは私は思わない。結局、日本は一見民主主義国家だが、実は官僚とマスコミが操る独裁国家なのだ。

« 虫刺され | トップページ | 「1Q84」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 虫刺され | トップページ | 「1Q84」 »