« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月31日 (月)

圧勝惨敗

衆議院選挙は予想通り民主党から見れば圧勝、自民公明党から見れば惨敗に終わった。民主党308・自民党119・公明党21・共産党9・社民党7・みんなの党5・国民新党3・新党日本1・幸福実現党0・その他7・・・落選した大物議員、海部俊樹元首相、公明党の太田昭宏代表、北側一雄幹事長、冬柴鉄三元国土交通相、自民党の笹川尭総務会長。国民新党の綿貫民輔、自民党の山崎拓前副総裁。小選挙区で敗北して比例区で救われた議員・・・自民党の町村信孝前官房長官、伊吹文明元財務相、佐藤勉総務相、与謝野馨財務相、野田聖子消費者行政担当相、とりあえず現職閣僚は全員が議席を維持した。結局は小泉改革で夢を見た国民が「だまされた」ことを実感した反動ということになるのか?安倍、福田無責任総理にも大きな責任がある。負け戦を最後まで踏ん張った麻生総理は偉い!民主党も与党になったら無責任な発言は出来ない。そして国会議員未経験の素人のチルドレン達をどうやって教育してゆくのか?組閣や、ばら撒きの前にやること山積だ。

2009年8月30日 (日)

政権交代

文部科学省の幹部の3分の1が学校法人(私学)に天下りしているそうだ。昔、建設省OBが大手ゼネコンに天下りするのと同様だ。役人の立場を悪用して利権を貪る構図はどの省庁も同じだ。今日は衆議院選挙。政権交代はあくまで手段である。目的は税金を私物化する官僚支配を打破することだ。政治家が官僚の知識と経験をコントロール出来るだけの哲学と知恵とカリスマ性を持たない限り、政権交代は政治に混乱を招くだけで何も変化しない。とりあえず選挙権を行使し、お目当ての候補者と政党に投票した。消灯時刻が早いので、結果が出る頃には、私は深い眠りの中であろう。

2009年8月29日 (土)

ショッピング

早朝より、夏野菜の始末とネギとジャガイモを植えるための事前準備、そして今年初の栗拾いの後はショッピング。880円ジーンズを求めて「AEOモール」に行ったが在庫品薄で、お目当てのサイズがなく、1480円でイメージ通りの品を購入。次に「衣料品のS」でシャツを購入。そして午後、先日オープンしたばかりのCDDVDレンタル店「SM」と地元スーパーHとAPを巡って帰宅。結構疲れる。ショッピングをするには、これを買うぞと言う「目的」と、負けてたまるかと言う「根性」がなければ疲れも倍増する。ただお目当てのものを、出来れば安く買えたらちょっとうれしい。

2009年8月28日 (金)

地デジ

2011年7月24日、テレビが地デジにかわるそうだが、その普及率が60%を超えていると言う。本当だろうか?一軒一軒調べたわけでもなく、どうやって計算したのか?我が家には地デジどころか、13型の超小型アナログテレビが1台あるだけで、地デジ化は程遠い。テレビを見るのは朝夕のニュースと「天地人」と「水戸黄門」のみである。テレビ不要論を唱えてもよいほどテレビを見ない。新聞もほとんど読まない。パソコン1台だけが情報源だ。今週は無料映画GYAOでハリソンフォードの「ファイヤーウォール」、クリントイーストウッドの「許されざる者」ジェームズベルーシの「カーリースー」も見たし、音楽はインターネットラジオで世界の音楽が無料で聴けるし、事件や話題の映像はYOUTUBEで見られるし、とりあえず地デジという政府の暗黙のプレッシャーは無視して、あと2年マイペースで行こうと思う。

2009年8月27日 (木)

坂本龍馬

来年のNHK大河ドラマは福山雅治主演の「龍馬伝」である。私がはじめて見た大河ドラマは1968年の「龍馬がゆく」であった。主演は北大路欣也。とにかくカッコよかった。そして1974年「勝海舟」のときの龍馬役は藤岡弘だった。そのイメージが定着しているので2004年「新撰組!」の江口洋介や2008年「篤姫」の玉木宏はちょっと軟弱に思えた。いずれにせよ歴史上の人物で人気No1の龍馬役を演じるのは大変だろうが期待したい。龍馬は32歳と言う若さでなくなったそうだが誕生日に諸説ある。一般的には11月15日が誕生日であり、近江屋で襲撃を受けた命日でもあると言われている。

2009年8月26日 (水)

泉佐野市

私は関西国際空港に、3回ほど行った事がある。残念ながら見学、見送り、出迎えばかりで関空から航空機に乗ったことは一度もない。しかし京都方面から直通の関空特急「はるか」は快適である。関空は大阪の南、泉佐野市にある。昔から「たまねぎ」の産地として有名な大阪府泉佐野市が地方公共団体財政健全化法で「早期健全化団体」になることが確定した。要するに財政破綻寸前と言う事である。関西空港が開港した時、甘い夢を見て、多額の借金をし、宅地造成や市立病院の建て替え、下水道整備事業などに先行投資したが、企業誘致も儘ならず、関空と共に奈落の底へ転落。私の好きな関西テレビアナウンサー山本浩之も泉佐野市出身だ。彼がテレビでこのニュースを伝える姿がちょっと寂しそうだった。

2009年8月25日 (火)

中国野菜

中国に関するいろんな記事やブログを読むと恐ろしい。自然界ではありえない色の川や砂浜、蛙や豚や魚などのおびただしい奇形動物の大量発生、国外には報道されない恐ろしい事実がたくさんあるようだ。ずさんな環境対策による工場からの有害排水の垂れ流し、有害排煙、有害廃棄物の地中投棄、そして農家は、欧米や日本では使用厳禁の有害な農薬を今なお高濃度で使用しているようだ。中国の富裕層は、中国産の野菜や魚や緑茶などは恐ろしいので決して口にしないそうだ。香港では内陸部からやってくる野菜を「毒菜」と表現されている。天候の不順で、日本国内も野菜の価格が上がって来た。少し前、殺虫剤メタミドホスなどの高濃度の残留農薬が発見され輸入禁止が相次いだ。有毒な中国野菜は食べないぞと誓ったはずなのに、もうそれを忘れたのか?今また安いからという理由で輸入を拡大しようとする動きがある。さらに加工された「業務用冷凍食品」も未だ安いからという理由で日本に輸入されている。 中国産がすべて悪いというつもりはないが毒入りは厳然とした現実でもある。中国は不都合なことは隠し、国家レベルで平気で嘘をつき河川の汚染を「旧日本軍が遺棄した毒ガス兵器が原因だ」などと言っている。基本的に漢民族は日本人を家畜と同様に考えている。日本の食の安全のためにも、自分や自分の大切な家族や孫子のためにも、私は安くても中国食品は可能な限り買わないと決意した。

2009年8月24日 (月)

マツキヨ

昔、後楽園球場で行われる巨人戦は必ずと言っていいほど読売テレビで放映された。最近は放映されないのが常識になって来た。10年ほど前、東京ドームのバックネット下に「マツモトキヨシ」の看板が出た。関西では当時ドラッグといえば、コクミン、セガミ、ヒグチなどが主流であった時代、「マツモトキヨシ」って誰??どこのおっさん??と思った。最近は関西への進出も目覚しいが、このたびローソンとマツキヨが業務提携することになった。これは画期的だ。当然今後新業態の店舗が続々登場し、従来の常識が覆されることになるのであろう。コンビニでコピー、チケット購入、郵便ポスト、写真プリント、銀行機能、支払い機能、そしてドラッグ展開・・・この次は電気自動車充電拠点として、自動車メーカーと業務提携するのか?便利さが優先して何か大きな落とし穴がありそうだ。

2009年8月23日 (日)

200億円

日本で言えば「ロト6」のような宝くじをイタリアで270円分買った人が200億円を当てたそうだ。名前は伏せられているが、当選者はめちゃくちゃ運の良い人で羨ましい限りであるが、果たしてこの人の人生は今後どうなるのか、幸せなのか、逆に不幸になるのか考えるとちょっと恐ろしいような気がする。今日は朝からショッピング。200億円は「夢のまた夢」だが延べ4店舗ハシゴをして、今月の小遣いの残り5000円の範囲で買える身の回りの品を購入。人間身の丈にあった消費行動をするのが一番幸せかもしれないと自ら言い聞かせ、帰宅。本日町内行事地蔵盆の福引景品とお供えのおさがりの菓子を食べながら、ビールで乾杯。小市民の一日であった。

2009年8月22日 (土)

時速37km

男子100メートル決勝でジャマイカのウサイン・ボルトが9秒58の世界新記録で優勝した。同じくボルトは男子200メートル決勝でも19秒19の世界新記録で優勝した。これを時速に換算すると3600秒÷19.19秒×200m=37.5・・・と言うことは時速約37kmで走った事になる。動物と比較するのもどうかと思うが、ある資料ではチータ100km、シマウマ64km、ライオン、オオカミ、キリンが約50km、アフリカゾウ38km・・・などボルト選手は大股で歩くゾウに匹敵するスピードなのだ。チータの速さは驚異的だが、それより早い時速120kmで走行中、JRの運転手が二人の女性客を遮光カーテンの隙間から盗撮していたことが判明。時速120kmで走行中、写真撮影のため運転手は前を見ていなかったわけだ。「魔が差した」では済まされない「人命を預かる運転士としてあるまじき行為」だ。JR福知山線脱線事故の教訓が全く生かされていないと思うとぞっとする。

2009年8月21日 (金)

クールビズ

2005年小泉政権のころ、提唱されたクールビズはようやく定着したと思っていたが今回の選挙活動を見ていると、そうでもなさそうだ。自民党、公明党、社民党はノーネクタイ。そして民主党、共産党、国民新党は反自民、反小泉の意地があるのかきっちりネクタイ姿である。環境のことを考えると、ノーネクタイは理にかなっているのだが、私のような、昔人間には、やはりここ一番、選挙活動ではスーツにネクタイの方が凛々しく見える。かつて小泉政権下の武部幹事長のノーネクタイ姿は、どう見ても日本国政府の要人というよりは、そこらへんの町内会長のおっさんという風にしか見えなかった。人間中身も大事だが見かけも侮れない要素だ。

2009年8月20日 (木)

おゆとり様

1987年度以降に生まれ、ゆとり教育で育った若者を「おゆとり様」と呼ぶそうだ。バブル経済を知らず、ファッションに敏感だが、ブランド物や車、海外旅行にあまり興味がなく、読書、メール、ゲームなど一人で遊んだり、家庭でこもることが多く、異性よりも同性の友人を大切にし、ネットショッピングより、実店舗での買い物を好み、貯蓄意識も強い。空気を読むが、他人を傷つけない配慮より、自分が傷つかない行動をとるそうだ。ただ男性は消極的かつ慎重だが女性は活動的とのこと。そんな若者が今20歳前後の「アラ20」である。高度成長期に育った我ら「アラ還暦」にはちょっと理解しがたいし、おゆとり様の男子にはバイタリティを感じないし、彼らが日本の将来を背負って立つと思うと前途は暗い。

2009年8月19日 (水)

夏なのに

例年であれば話題にすらならない、この時期のインフルエンザであるが、沖縄、神戸、名古屋・・・新型インフルエンザが原因で3人目の死者が出た。プロ野球北海道日本ハムの数名の選手コーチも感染が確認され、舛添厚生労働相も選挙応援をやっている場合ではなくなってきた。それでも不謹慎に金儲けに結びつける人間がいる。インフルエンザ関連株・・・「中外製薬」「第一三共」「冨士フィルム」「ダイワボウ」「シキボウ」「シスメックス」「カイノス」「日本バイリーン」「ユニチャーム」「栄研科学」「川本産業」などの企業の株価が率の大小はあるが急騰している。会社でもマスクを少しずつ備蓄している。やはり今年の冬は恐ろしい状況になるのだろうか?

2009年8月18日 (火)

誕生日

今日はめでたい誕生日。しかし高齢になるにつれて「めでたさも 中くらいなり 誕生日」である。いただいたプレゼント「パナソニック:シェーバー」「サンヨー:ミルつきコーヒーメーカー」「ためになる本1冊」「スイカまるごと1個」「家電店Jのバースデーポイント500円分」「家電店Mの特製マグカップ」「お祝いメール7通」・・・今日生まれた有名人、モーツアルトのライバル、アントニオサリエリ、天台宗開祖最澄、俳優ロバートレッドフォード、作家城山三郎、俳優柴田恭兵、女優名取裕子、歌手吉川晃司、元野球選手清原和博、スマップ中居正広、巨人軍イ・スンヨプ、そして20歳の双子の女優奈津子&亜希子・・・それがどうした。

2009年8月17日 (月)

花火

昔、花火は夏の風物詩であったが、最近は打ち上げロケット花火の普及で、全く情緒がなくなったと言うか、全く迷惑なシロモノになって来た。特に、深夜に打ち上げたり、後始末もせず立ち去るマナーの悪い人間が増えてきた。近所に公園や川の土手があるので、花火をするグループも多く、8時頃やめるならまだ我慢が出来るが、10時過ぎても延々と打ち上げる非常識極まりない馬鹿が毎年出没する。文句を言ったら逆切れされるので泣き寝入りするしかないのだが、法律や条令で、打ち上げロケット花火の時間帯、場所を規制すべきだ。さらに言えば、花火を打ち上げる資格試験を行い免許を取得した者だけが事前に実施計画書を提出し、近所迷惑税を納め、酒気帯びでないことを確認された場合のみ出来るようにするとかすべきだ。大輪の花火は地方自治体が相応しい場所で行う主催する花火大会で見れば十分だ。私は住宅地近辺の花火の音とタバコの煙は大嫌いだ。

2009年8月16日 (日)

勝ち馬に乗る

Get on the bandwagon・・・日本語で言えば「勝ち馬に乗る」と言う意味だろうか?小泉総理が郵政民営化論で時流に乗っていた頃、小泉支持者が増え、小泉チルドレンが幅を利かし、政界のイエスマン武部勤は要職につき、反対派は追いやられ国民新党を結成した。昔「政界の風見鶏」と揶揄された中曽根康弘は、総理になるためには手段を選ばず、主張を覆したり、仲間を裏切ったりし、時流を眺めながら頂点を極め、自ら「勝ち馬」となった。大阪の橋下知事は自民党の支持で、大阪府知事の座を射止めたにもかかわらず、今度は民主党を応援すると言う、良く言えば「時流に乗り、風を読む」悪く言えば「裏切り者、無節操」の行為に出た。調子に乗りすぎである。田中真紀子夫妻も自民党を捨て「勝ち馬」民主党に鞍替えした。こんな節操のないことをしていたら、必ずや、かつての支持者からしっぺ返しが来て「落馬」するかも。

2009年8月15日 (土)

高校野球

夏の甲子園滋賀県勢の過去の成績。1979年比叡山高校ベスト8、1980年瀬田工ベスト4、1982年比叡山ベスト8、1985年甲西高校ベスト4、2001年近江高校準優勝・・・目立った活躍はこの程度で、「初戦敗退」が定番状態である。そもそも、甲子園の高校野球は春の毎日、夏の朝日、全国の高校生各県代表に出場してもらって、話題を盛り上げ新聞購読数拡大を狙ったイベントだと言われている。各県代表に選ばれるまで神奈川県は190校の激戦区から勝ち抜かなければならず、鳥取県の25校と比べると7倍以上の不公平感がある。甲子園を目指す能力の高い選手は、激戦区を避け、地方に「野球留学」をして、出場しようとする。ある有力校の先発9名のうち地元県民はたった1人と言う学校もあるようだ。最近の高校野球が面白くないのは、突然聞いた事のない私立の学校が、財力に物を言わせて、全国の有力選手を寄せ集めているのが見え見えだからである。さらに、日本が道州制に移行すれば、甲子園の高校野球衰退にますます拍車をかける事だろう。

2009年8月14日 (金)

盆休み

昨日から束の間の盆休み。毎年この時期高速道路の渋滞情報を自宅でテレビで見ながら過ごす。今年はちょっと様相が変わり、「高速料金1000円に値下げ」と「地震による東名高速道路崩落」で一層混乱しているようだ。今日は家から車で約15分、琵琶湖岸の「イオンモール」でショッピング。さっと見て回ったことはあるが、買い物をしたのは実質初めてだ。草津サティ+186の専門店と言うから、とにかくデカイ!と言うか湖岸に降って湧いた「街」と言えそうだ。ショッピングモールはエンターテイメントがあるから客は集まる。しかもPB商品が安い。これでは地元中小スーパーに未来はなさそうだ。

2009年8月13日 (木)

彦根りんご

上には上がある。モスバーガーが24年ぶりに100円台のハンバーガーを7月に発売し、46年ぶりに皆既日食が日本で観測され、東海地方では梅雨明けが55年ぶり8月にずれ込み、70年ぶり出場の兵庫関西学院が初戦山形酒田南に勝利、トヨタが3月期71年ぶりの営業赤字、そして107年ぶりの8月選挙、猛暑の中、超ハードで睡眠不足の「先生」方が熱中症でバタバタ倒れなければ良いのだが・・・。1816年、石居泰次郎という武士が江戸から故郷の滋賀県彦根に戻り、借金をして林檎苗木200本を購入して農園を開き、彦根りんごとして有名になったが、青森や長野などの西洋りんごが進出して来てからは衰退し1955年頃にはなくなってしまった。それを今また復活させようとがんばっているらしい。彦根りんごが復活すれば何年ぶりになるのか?

2009年8月12日 (水)

高速道路値下

ETCを搭載する乗用車の高速料金割引制度を利用して、「1000円でどこまで行けるか」など、下らないチャレンジをする人が多いそうだ。エコとはまったく逆行する行為だ。お盆休暇をどう過ごすかは各人さまざまだろうが、こんなことを他人に自慢するためにガソリンを撒き散らすのはやめて欲しいものだ。料金割引はETCを搭載させるのが、最大の目的のように思う。高速道路を頻繁に利用する人は搭載している率が高いが、自動車全体に対する普及率は現在まだ27%程度に過ぎないそうだ。めったに利用しない私のような人間には無用だ。それでも、国土交通省の役人はこのシステムを作った会社や機器メーカーと絶対癒着している。誰が儲けるのか知らないが、とにかく自民党政権のうちETCを普及させておかないと民主党の高速道路の無料化政策政策でこのシステムが水の泡になってしまう。当然国民の大多数は「たとえETCが無駄になっても、無料化したほうがいいじゃないか」ということになるだろう。でも搭載普及率が高くなると、「せっかく買ったのに廃止するのはもったいない」となる。今、急いで普及させようというのは、穿った見方をするなら、そこが狙いなのではないか。道路特定財源は、一般財源化するよりも、下らない道路を作るのではなく、高速道路無料化に活用したほうが、良いと思う。

2009年8月11日 (火)

震度6弱

今朝5時7分、震度3の横揺れでベッドから転がり落ちるようにして目覚めた。静岡県で震度6弱・・・それでも東海地震とは別物との事、と言うことはもっと恐ろしい地震が近い将来起こるのか?台風の影響による大雨で、東名高速道路も崩落通行止めになった。もしこの時間帯に新幹線が走っていたらと想像するだけでぞっとする。豪雨、台風、竜巻、地震、旱魃、人間の地球環境破壊に対する神の怒りなのか?自然の生態系も異常な事態が各地で起こっている。フランスの大西洋に面した海岸で今夏、緑藻が異常繁殖し、藻が腐って発生した有毒ガスを吸った人が意識不明になったり、オーストラリアで毒性を持つ青いクラゲが異常発生したり、アフリカスーダンでイナゴが異常発生したり、日本全国各地でエチゼンクラゲ、カメムシ、蛾、オニヒトデ、毛虫などが異常発生したり、害になるものばかり異常発生する。結局、20世紀は地球環境破壊の世紀だったようだ。

2009年8月10日 (月)

日本の夏

昨晩は関東東北で震度4の地震、そして突然発生した台風9号で兵庫県作用町で甚大な被害が出た。去年は記録的猛暑だったが今年は梅雨明け以来の豪雨・・・異常な天候が続く。私が6歳未満の頃、オゾン層も正常で、エアコンや自販機など、街を暑くするものも少なく、ちょうど今頃はセミが鳴き、風鈴の音を聞きながら、スイカやカキ氷を食べ、夕刻蚊取り線香を焚き、花火で遊んだ。電気冷蔵庫のない時代、氷屋さんが、リヤカーのついた自転車でやってきて「氷一貫目」と注文したら、のこぎりでギコギコ切って、氷を置いていったのを覚えている。「麦茶~はったい粉」と連呼する物売りもよく来たものだ。なぜ「麦茶」と「はったい粉」をセットで売りに来たのだろう?後でわかった事だが、どちらも原料が大麦なのだ。大麦を炒って挽いた粉で、大豆から作るきな粉とよく似ているが、湯で練って食べたような気がする。日本の夏!今は過去の思い出だけだ。ジジクサイ話になってしまった。

2009年8月 9日 (日)

ギランバレー

先日亡くなられた女優大原麗子さんは、ギラン・バレー症候群という病と闘っておられたそうだ。ギラン・バレー症候群とは「筋肉を動かす運動神経の障害のため、急に手や足に力が入らなくなる病気で、手足のしびれ感もしばしば伴い、風邪をひいたり下痢をしたりなどの感染の後しばらくして症状がはじまり、その後は改善して行く」病気で、10万人に1~2人が罹る難病だそうだ。最近政治の世界で見かけなくなった元外務大臣の川口順子さんもこの病と闘っておられるそうだ。昔だったら「歳のせいだ」と考えただろうが、現代医学は、あらゆる病状に名前をつけ、原因を見出すのがすごい。メタボリック症候群、エコノミークラス症候群、サヴァン症候群、アスペルガー症候群、シェーグレン症候群、ネフローゼ症候群、バッツ症候群・・・全部説明できたら医学博士だ。

2009年8月 8日 (土)

宗教戦争

平和ボケ日本が無関心な世界各地で、さまざまな紛争が起こっている。日本人には理解しがたい宗教戦争が多い。パレスチナではユダヤ対イスラム、コソボではセルビア正教とイスラム、北アイルランドではキリスト教プロテスタント対カトリック、チェチェンでは東方正教会・ロシア正教対イスラム、スーダンではイスラム対非イスラム、スリランカでは仏教対ヒンドゥー教・・・本来宗教は人の心を救済する信仰の対象であるはずだ。しかし信者が集まると組織になり、その組織を拡大しようとする。そして宗教を政治的に利用するから紛争に拡大する。日本にも宗教をバックボーンにした政党があり、また新たに政治に進出しようとする宗教団体もある。私は宗教は個人の信仰の問題であり否定しないが、団体が政治に進出することには絶対反対である。マインドコントロールされた信者は政策や理念とは別次元の「教祖様の教え」に従って投票するからである。政治家「個人」が何教を信じてもかまわないが、政権交代だと大騒ぎしているドサクサに紛れ、宗教「団体」が、ジワリ政界に浸透してくるのが何かしら恐ろしい。

2009年8月 7日 (金)

ノリピー

合成麻薬MDMAを使用した押尾学容疑者が逮捕されたが、私はこんなタレントが存在していたことすら知らなかったからどうでもいい話だ。それよりも「ノリピー」が心配だ。夫の高相祐一容疑者逮捕後消息不明の女優酒井法子に対して、マスコミの当初の報道は「夫の覚醒剤取締法違反による逮捕でショックを受け、子供と共に消息を絶った悲劇の妻」のイメージであったが、本人も覚醒剤所持の容疑で逮捕状が出ると、一転酒井法子容疑者と呼び捨てにし、報道姿勢が180度転換した。当然と言えば当然だが、マスコミの扱い方で、イメージなど好きなようにコントロール出来る恐ろしさを思い知らされた。一方悲しいニュース・・・サントリーのCM「すこし愛して なが~く愛して」の大原麗子さんが、自宅で孤独死。62歳だった。さみしい話だが、テレビ、週刊誌は当面話題に事欠かないだろう。

2009年8月 6日 (木)

裁判員制度

全国初の裁判員裁判となった東京都の女性殺害事件で、殺人罪に問われた被告は懲役15年を言い渡された。裁判員は守秘義務が課せられているのに、裁判終了後マスコミが会見を行う無神経さが理解できないし、そこでコメントをしゃべる裁判員も何を考えているのかと言いたい。私は裁判員制度断固反対である。知識のない人間が人を裁くのは、例えるならば、無免許のドライバーがタンクローリーを高速道路で運転するに等しいし、無資格の医者が脳や心臓手術をするに等しい無謀な行為だ。さらに、凶悪犯人が出所後、逆恨みして、裁判員に仕返しに来られるのが怖い。私が呼び出されたら、絶対拒否する。断れる具体例は以下の通り。「卒業・入学式シーズンの美容師」「飲食店のナンバーワンホステス」「仕込み時期の杜氏」「旅館の女将」「子供が受験直前の主婦」「遠隔地居住者」「株主総会時期の経営者」「システムトラブル発生時に対応が求められる情報処理SE」「接待の必要がある営業職」「初詣でや海水浴場などに近い店舗の書き入れ時のコンビニ従業員」「インフルエンザ流行時や花粉症の時期の一般診療所の医師」「学年初めや学年末の教師」・・・私はどれにも該当しないが、今からがんばって「飲食店のナンバーワンホスト」でも目指そうか?

2009年8月 5日 (水)

クリントン

クリントン元大統領の北朝鮮電撃的訪問で、二人の女性記者が釈放された。私的訪問と言うが、そんなことはありえない。いろんな政治的意図と見返りがあったと考えるのが普通だ。アメリカに出来てなぜ日本政府にはこのような行動が取れないのだろう。クリントン元大統領は会談の中で、日本人拉致被害者の解放も促したとか・・・日本の政治家は今盛んに地方に権限をとか道州制導入とか騒いでいるが、地球的規模で眺めると、日本はどう考えてもアメリカの州に過ぎない。麻生総理はカリフォルニア州知事のシュワちゃん同様、州知事のようなもんだ。国会議員も実質は市町村議員のようなものだ。総選挙で他党のマニュフェストのあら探しばかりせず、もっと国家ビジョンの議論をして欲しいものだ。

2009年8月 4日 (火)

あがる

今日も真夏の猛暑。気温もぐんぐん上昇したが、日経平均株価も1万375円01銭と年初来最高を記録した。給料のあがるのは良いが、物価、バッテリー、心拍数、血圧のあがるのは困る。あがるにはいろんな使われ方がある。「家の中に入る」「進学する」「有名になる」「成果が出る」「検挙される」「すごろくでゴールする」「テンプラが出来る」「緊張する」「上達する」「参上する」・・・あがって欲しいがなかなかあがらないもの・・・私の保有株の株価、ヤクルトスワローズの順位。

2009年8月 3日 (月)

やっと梅雨明け

近畿地方が本日8月3日梅雨明けした。プラス思考で言えば「雨が降ると花や野菜が潤い、水遣りも省略できて楽である。梅雨が明けると野菜が育ち、ビールが美味い」・・・マイナス思考で言えば「梅雨は鬱陶しく、寝具もジメジメ。梅雨が明けると暑くて体調管理が大変だ。花や野菜の水遣りが面倒だ」・・・となる。同じ事象、同じ行為でも考え方や気持ちの持ちようでプラスにもなりマイナスにもなる。とは言え、マイナス思考の人と接していると気が滅入るし、バリバリのプラス思考の人もちょっと気持ちが悪い。人間プラスマイナスゼロの思考の人がちょうど人間らしくて良い。私の場合、お金がない=エコな節約生活と考えるべきか、ああ貧乏はいやだと考えるべきか?

2009年8月 2日 (日)

折れる

7月10日、小田原城跡の馬屋曲輪で、高さ20m、樹齢300年の松の中間付近にある直径約80センチの枝が強風で折れた。8月1日京都宇治市のゴルフ場で突風が原因でネットを支えるコンクリート製の柱29本が折れた。中国では河北省で建設中の186mのテレビ塔が強風で地上50~70メートルのところで折れた。手抜き工事が原因と言う説もあるが、今年は先日の館山市の竜巻など風の被害が多発している。折れると言えば、イチローが、WBCの韓国戦を終えた時「心が折れそうになった・・・」と言った言葉が大変印象に残っている。でもこんな言葉昔からあったのだろうか?昔は「気持ちがめげる」と表現したように思う。どうやらこの言葉は格闘技の世界で使われ出したもののようだ。「たとえ腕が折れても心が折れなければ大丈夫」・・・そんなニュアンスが、いろんなスポーツ、さらに一般社会でも広まっていったのではないか。「折られる」のではなく「折れる」すなわち、自ら敗北を認める時に使われるような言葉なのだ。とは言え私ももうすぐ高齢者。心と共に、骨も折れないよう、カルシウムを補給して、がんばろう。

2009年8月 1日 (土)

テレフォンカード

財団法人日本生産性本部と言う組織は収入源がどこにあり、一体何をしているのか謎の組織だ。その本部が毎年新入社員を流行の言葉にこじつけて当てはめ「今年は○○型」と言う風に発表している。平成19年度は、細かい損得勘定で会社の物色する「デイトレーダー型」、平成20年度は磨けば光る「カーリング型」、平成21年度は環境問題に関心が深く、節約志向の「エコバック型」などである。かつては「漢方薬型」「瞬間湯沸かし器型」「麻雀牌型」「コピー食品型」「使い捨てカイロ型」「日替わり定食型」「テレフォンカード型と言うのもあった。そのテレフォンカードもいまや無用の長物。机の引き出しから昔切手のようにコレクションしていたものが出てきた。一部お宝もあったが、この際「えいやっ!」で金券ショップで処分した。50度のものであれば飲食店の販促品として貰ったものでも何でもOK!1枚平均350円で買い取ってもらった。金欠気味の今月はこれで何とか凌げそうだ。

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »