« 政権交代 | トップページ | 防災の日 »

2009年8月31日 (月)

圧勝惨敗

衆議院選挙は予想通り民主党から見れば圧勝、自民公明党から見れば惨敗に終わった。民主党308・自民党119・公明党21・共産党9・社民党7・みんなの党5・国民新党3・新党日本1・幸福実現党0・その他7・・・落選した大物議員、海部俊樹元首相、公明党の太田昭宏代表、北側一雄幹事長、冬柴鉄三元国土交通相、自民党の笹川尭総務会長。国民新党の綿貫民輔、自民党の山崎拓前副総裁。小選挙区で敗北して比例区で救われた議員・・・自民党の町村信孝前官房長官、伊吹文明元財務相、佐藤勉総務相、与謝野馨財務相、野田聖子消費者行政担当相、とりあえず現職閣僚は全員が議席を維持した。結局は小泉改革で夢を見た国民が「だまされた」ことを実感した反動ということになるのか?安倍、福田無責任総理にも大きな責任がある。負け戦を最後まで踏ん張った麻生総理は偉い!民主党も与党になったら無責任な発言は出来ない。そして国会議員未経験の素人のチルドレン達をどうやって教育してゆくのか?組閣や、ばら撒きの前にやること山積だ。

« 政権交代 | トップページ | 防災の日 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/185107/31181489

この記事へのトラックバック一覧です: 圧勝惨敗:

« 政権交代 | トップページ | 防災の日 »