« 盆休み | トップページ | 勝ち馬に乗る »

2009年8月15日 (土)

高校野球

夏の甲子園滋賀県勢の過去の成績。1979年比叡山高校ベスト8、1980年瀬田工ベスト4、1982年比叡山ベスト8、1985年甲西高校ベスト4、2001年近江高校準優勝・・・目立った活躍はこの程度で、「初戦敗退」が定番状態である。そもそも、甲子園の高校野球は春の毎日、夏の朝日、全国の高校生各県代表に出場してもらって、話題を盛り上げ新聞購読数拡大を狙ったイベントだと言われている。各県代表に選ばれるまで神奈川県は190校の激戦区から勝ち抜かなければならず、鳥取県の25校と比べると7倍以上の不公平感がある。甲子園を目指す能力の高い選手は、激戦区を避け、地方に「野球留学」をして、出場しようとする。ある有力校の先発9名のうち地元県民はたった1人と言う学校もあるようだ。最近の高校野球が面白くないのは、突然聞いた事のない私立の学校が、財力に物を言わせて、全国の有力選手を寄せ集めているのが見え見えだからである。さらに、日本が道州制に移行すれば、甲子園の高校野球衰退にますます拍車をかける事だろう。

« 盆休み | トップページ | 勝ち馬に乗る »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 盆休み | トップページ | 勝ち馬に乗る »