« 再生の町 | トップページ | ユポ紙 »

2009年9月28日 (月)

学習

谷垣禎一300票、河野太郎144票、西村康稔54票で、自民党「ポスト麻生」に、谷垣新総裁が決まった。総裁選挙をしていることすら忘れていたくらい、今の自民党は影が薄い。わずか3年で安倍、福田、麻生と総裁がコロコロ変わり、国民からそっぽを向かれた結果だから仕方ない。麻生総裁を散々批判していた議員が今回の総裁選挙に出馬しないのは卑怯だ。己の利害だけを考え、本当に党を再生させようと言う気概がないのはこれでよくわかった。なぜ国民からそっぽを向かれたのか学習すべきだ。学習と言えば横綱白鵬はビデオで大横綱双葉山の所作を真剣に勉強しているそうだ。反面、昨日の優勝の瞬間の、朝青龍の破廉恥なガッツポーズは見苦しい。前回反省したのは口先だけか?作法を無視した懸賞金を受け取る所作や、勝負がついているのに止めを刺す醜態、勝てば官軍!なのか?・・・技は一流、品格は三流・・・学習しない横綱だ。

« 再生の町 | トップページ | ユポ紙 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 再生の町 | トップページ | ユポ紙 »