« 五輪誘致 | トップページ | くわばら »

2009年10月 5日 (月)

中川昭一

3日夜中、中川昭一元財務・金融相が56歳で病死した。「酩酊会見」で、大臣を辞め、選挙も落選。国民から大ブーイング、マスコミも大いに批判した。そして、亡くなれば「将来を期待された有能な政治家をなくしたことが惜しい」と言うニュアンスの記事ばかり。人物評価はTPOにあわせてコロコロ変わるものだ。私が思うのは「酩酊会見」は良くないに決まっているが、秘書や取り巻きの人間がもっと毅然と会見を阻止していたら、こんなことにならなかったと思う。中川昭一と言えば、国会議員の中で一番読書量が多く、勉強家であったとも伝えられている。政権交代のドサクサで当選した、わけのわからない民主党議員よりは、はるかに見識と能力の卓越した立派な政治家だったと思う。これも人生。ご冥福をお祈りいたします。

« 五輪誘致 | トップページ | くわばら »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 五輪誘致 | トップページ | くわばら »