« ワクチン | トップページ | 猫まんま »

2009年10月10日 (土)

ノーベル平和賞

オバマ大統領が、今年のノーベル平和賞に選ばれた。わからないでもないが、未だこれといった成果も出していないのにちょっと時期尚早ではないのか。昔、日本の総理大臣佐藤栄作もこの賞を受賞したことがある。非核三原則とかを主張したことが評価されたのだろうが、当時アメリカのニクソン大統領と沖縄に核兵器を持ち込むという密約を結んだ張本人佐藤栄作がなぜこの賞に値するのか未だわからない。「平和」という言葉は微妙な意味を持つ。アメリカから見ればタリバンは悪であり、タリバンから見ればアメリカこそ悪である。要は、政治の世界では、支持者の多い大勢が正義であり、少数派が悪なのである。話がコロッと変わるが、私は昨晩同じ経験をした。阪神とヤクルトがCS出場権をめぐって激闘の末、ヤクルトが勝利し、阪神の4位が確定した。NHKの野球放送はまだ「まし」だが、民放は、基本的に阪神を主体に放送し、ヤクルトの選手がヒットを打つと、被害者のように「打たれた」と言い、ヤクルトの選手がエラーをすると「チャンス」だと放送する。関西に住んでいて、私のような不人気球団ヤクルトを応援する少数派は、いつも理不尽かつアンフェアの放送にうんざりしている。昨晩は一人でこっそり「溜飲を下げる」思いだった。

« ワクチン | トップページ | 猫まんま »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ワクチン | トップページ | 猫まんま »