« マニフェスト | トップページ | ジーンズ »

2009年10月17日 (土)

加藤和彦

加藤和彦さんが亡くなった。62歳と言えばちょっと若すぎる。加藤和彦と言えば何と言っても「ザ・フォーク・クルセダーズ」の、昭和42年の大ヒット曲「帰って来たヨッパライ」である。「おらは死んじまっただー~天国よいとこ一度はおいで、酒は上手いしねえちゃんはきれいだ」と言う歌詞も当時としては画期的だが、歌を倍速で1オクターブ上げて歌うと言うのも革命的な、日本のコミックソングの代表的な曲だった。ビートルズのアルバム「リボルバー」に入っている「グッドデイサンシャイン」の中間部分のキーボードのメロディや「アハードデイズナイト」の歌詞もちりばめ、お経やベートーベンの「エリーゼのために」まで流れるパロディソングとしては歴史的作品だ。洋楽ファンの私でも、「イムジン河」「あの素晴らしい愛をもう一度」などのまじめな歌はよく知っている。たぶん加藤さんのことだから「死んじまっても」また畑のど真ん中で生き返るだろう。事情はわからないが、心よりご冥福をお祈りいたします。

« マニフェスト | トップページ | ジーンズ »

コメント

残念な訃報ですねweep
でも、曲はいつまでも心の中にmusic・・・♪
ご冥福をお祈りしたいと思います。合掌。

訃報と言えば、南田洋子さんも悲しかったです。
ご夫婦が司会をするミュージックフェアと言う番組をずっと見てました。
素晴らしいゲストが出て音楽ファンにはたまらない名番組でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« マニフェスト | トップページ | ジーンズ »