« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月30日 (月)

視聴率

ボクシングのテレビ中継などほとんど見ない私であるが、昨晩は見た。壮絶な戦いの結果、意外と冷静だった亀田興毅が、技術で勝る中年の星!内藤大助を破り、新チャンピオンになった。この世界ボクシング評議会、略してWBCのフライ級タイトルマッチの平均視聴率が43.1%だったそうだ。今年のテレビ番組視聴率で最高だった野球の世界大会「ワールド・ベースボール・クラシック」略してWBCの2次ラウンド、日本-韓国戦の40.1%を上回った。瞬間最大風速というか最高視聴率は6ラウンドあたりの51.2%だった。野球もボクシングも同じWBCなのが奇遇だ。視聴率を稼ごうと思ったら亀は亀でも「ウェルかめ」ではなく「亀田興毅」なのだ。

2009年11月29日 (日)

簡素化

最近思うことは、若いうちはどんどん生活を拡大し、「風呂敷」を拡げてゆく事が良いが、年齢とともに、少しずつ小さく軽量化して行く事が良いと考えるようになった。世の中全体もエコの普及で、いろんなものが小型化簡素化している。オーディオはかつては大型スピーカーにアンプ・プレイヤー・チューナーなどが、家の中の一等地?にデンと鎮座していたが、今は音楽はほとんどパソコンで聴く。家電品の梱包も年々簡素化されている。私も最近、ものを減らすことを最重点に考え、衣類、日用品、蒐集品その他不要なものは惜しげもなく処分し、安売りがあっても日用品の買いだめをせず、軽量化している。炊事洗濯等は別にして、究極は机とパソコンと小さな棚と少しの衣装ケースがあればよいと思う。ただ我が家の「家財仕分け」をしても、無駄なお金は1円も出てこない。

2009年11月28日 (土)

円独歩高

政府の無策で、日本経済はもう、むちゃくちゃである。円が際限なく高くなり、株価は奈落の底に落ちてゆく。ドバイだけが原因ではない。無能な金融大臣を「大臣仕分け」で首にしてほしいものだ。金曜日の東京株式市場で日経平均株価は大幅に続落。終値は前日比301円72銭安の9081円52銭で、7月13日以来の安い水準を付けた。また円相場も一時1ドル=84円台で、お金持ちは札束を持って銀行でドルを買っている光景がニュースとして流れていた。しかし輸出で成り立っている多くの日本企業は最悪の苦境に立たされている。株安と円独歩高このまま推移すれば、年末には、一見善意で行われているような「派遣村」が繁盛しそうだ。2010年は暗黒の新年になりそうだ。

2009年11月27日 (金)

新薬染侍

公益法人の認定等に関する法律第5条の③その事業を行うに当たり、社員、評議員、理事、その他の関係者に対し特別の利益を与えないものであること。⑥当該公益目的事業に係る収入がその実施に要する適正な費用を償う額を超えないと見込まれるものであること。・・・にもかかわらず暴利をむさぼった日本漢字能力検定協会の前理事長親子!その協会が性懲りもなく主催する「今年の漢字」を予想してみた。新政権誕生や新型インフルエンザの流行、新たに始まった裁判員裁判などあったので「新」、覚せい剤やタミフルで話題になった「薬」、インフルエンザ感染、芸能界大麻汚染の「染」、WBCで活躍した「侍」・・・今年もいろいろあったというにはまだ1ヶ月早いが、今年も残り少なくなった。

2009年11月26日 (木)

晩節を汚す

大相撲の大関で2場所連続負け越したら関脇に陥落する。前の場所負け越し、もし今場所負け越したら大関陥落と言う状況をカド番と言う。史上ワーストとなる14度目のカド番で今場所を迎えた大関千代大海が、平成11年春場所から守った大関から陥落した。怪我で体調が万全でないことはわかっているが、見ていて哀れさを感じる。大関陥落しても次の場所10勝以上すればまた、返り咲くことが出来るが、今の体力、実力を考えても10勝は無理だろう。一般社会でも、引退を躊躇する人の理由はいろいろ考えられる。やり残した事があるような未練を感じる人。自分はまだまだやれると過信する人。引退すると金も名誉もなくなるという恐怖感を抱く人・・・千代大海には酷な言い方だが、大関経験者には将来の生活は保障される。客観的に見て、もう限界だと思う。まじめな力士だけに、晩節は汚さないでほしい。

2009年11月25日 (水)

ヘソクリ

ある調査によると、景気低迷で夫婦の小遣い平均額が2007年比で、夫が14%減の3万5299円、妻が33%減の2万1057円だったそうだ。また、外食を控え、自宅での夕食回数が増えたとのアンケート結果であった。幸い私の小遣いは2007年比±ゼロであるのは恵まれているという事だ。ただ、昔と比べ小遣いの使用目的は変化している。衣料品は欲しいが、「このシャツにはこのセーター」といった思い込みをせず、家にあるものを適当に組み合わせれば、当面買い増しする必要は特にない。CDRやDVDRのように保存版を増やす愚は出来るだけ避けたいと思う。とりあえず健康体であるので医療費もそれほど負担でもない。にもかかわらず、あればあるだけ使うので小遣いのへそくりは出来ない。喫煙者がタバコを止めても小遣いが残らないように、人間とは弱いものだ。

2009年11月24日 (火)

天地人

NHK大河ドラマ「天地人」最終回を見た。久々にすばらしいドラマを見たという印象だ。「義」を貫く上杉の姿は少々きれい事のようだが、ドラマ全体のテーマであったように思う。特に小栗旬演ずる石田三成がカッコ良く、今まで抱いていた石田三成のイメージが一変した。逆に松方弘樹演ずる徳川家康が悪党という設定で、憎らしい演技はさすが大物俳優だ。この1年間、いつも「天地人」を見た翌日、徳川家を賛美した「水戸黄門」を見るが、悪者が葵のご紋に平伏す姿に少し違和感を覚えるようになってしまった。ドラマの効果で新潟、山形、福島各県の「天地人」に因んだ駅弁が良く売れているそうだ。来年は「龍馬伝」だから、京都と高知に経済波及効果が生まれそうだ。それよりも政府に望むのは、事業仕分けや子育ても結構だが、日本全体に経済波及効果のある政策をさっさと実行してくれないと日本が沈没してしまう。

2009年11月23日 (月)

ボジョレヌーボ

毎年11月の第3木曜日、ボジョレ・ヌーボーが解禁され、日本のあちらこちらでカウントダウンをする光景がニュースになる。ワインを飲む習慣がほとんどない私には他人事のイベントだが、今年は大手スーパーなどでは、瓶よりも軽いペットボトルを容器に使うことで空輸コストを削減し、1000円未満のボジョレを販売している。安いのは良いことだが、ワインをあまり飲まない私でもペットボトル入りには紙パック入りの日本酒以上に抵抗がある。コストダウンに知恵を絞るのは良いことだが、やはりワインはガラス瓶にコルクだろうと思う。先日から行われている政府の事業仕分けで予算捻出のため何でもカット、縮小、廃止の嵐が吹き荒れて、ついには日本の最先端技術のスーパーコンピュータ開発予算までカットする提案がなされた。基礎研究は一度ストップするとなかなか立ち直れない。高級官僚の給与など他にもっとカットすべきものがあるように思うが。

2009年11月22日 (日)

主役と脇役

この世は表裏、明暗、上下、左右など相反する要素で成り立っている。人間社会ででも主役と脇役、上司と部下などいろんな役回りで成り立っている。スポーツ選手とグランドキーパーもいくら名選手といえどもグランドが見事に整備されて初めて活躍の場が出来る。ピアニストとピアノ調律師も調律の高い精度が名演奏を生む。今日我が家のピアノの調律をしてもらった。ピアノが弾けない私にはその良し悪しは判断出来ないが、大変丁寧に仕事をしてもらった。地味な仕事だが、ただ単に音程だけでなく、音の硬さ柔らかさ、音の響きなどを調整する大変奥深い集中力を要する仕事だと感じた。先日配電盤の工事を業者さんにしてもらった。これも大変地味な仕事だが、毎日必ず使う電気の安全を確保する大変重要な仕事だ。名脇役、名参謀、名職人がいて初めて主役が引立ち、全体がうまく行く、それが世の中というものだ。

2009年11月21日 (土)

デフレスパイラル

朝から近くのショッピングセンターに買い物に行った。少々早すぎたようで開店前だったが、衣料品店UQの駐車場はすでにほぼ満車。隣の家電店も、広告の品求めて、長い列が出来ていた。5名さま限りの目玉商品の購入権確保のため早い人は開店1時間前から折りたたみイスの準備よろしく並ぶそうだ。食料品はじめ物価がますます安くなる。それはそれでありがたいことだが、モノの値段が下がると会社の売り上げが下がり、給与が下がり、給与が下がると消費が控えられるようになり、そうなるとモノが売れないのでモノをさらに安くしないと売れない。こんな状況をデフレスパイラルと呼ぶが、日本経済も着々と奈落の底に向かっているようだ。

2009年11月20日 (金)

審議拒否

自公のいない委員会で民主党が提出した法案が続々可決される。かつて民主党が野党だったころ、自民党の強行採決だと批判して審議拒否をしていたが、立場が変わってそれと同じ事をやっている。鳩山首相と小沢民主党幹事長の疑惑隠しとしか思えない行為は、民主党支持率低下を招くのは必定だ。さらに言えば最近のK大臣の暴言と横暴を誰か止める人はいないのか?まるで鬱であった人が躁になった様なハイテンションなご乱心!このまま放置しておけば日本の金融事情は壊滅的な事態に陥るかもしれない。中国アメリカの株価が回復基調にあるのに、経済対策無策の日本だけ蚊帳の外だ。

2009年11月19日 (木)

笑い

笑ってはいけない場面で笑いをこらえられない事がたまにある。まじめな儀式の最中や、まじめに働いている人が緊張のあまり面白いことをする場面がある。昔、亡くなった桂枝雀さんが何かの番組で言っていた話だが、笑いの本質は「緊張と緩和」と言うような事を言っておられた。大相撲で真剣に気合を入れる高見盛のしぐさは笑いを誘う。昨日千代大海が押し出され、そのとばっちりを食って一緒に土俵を転落し肋骨を骨折した行事木村玉光。行司さんにとっては不幸な出来事だが映像を見ていると笑いをこらえ切れない。

2009年11月18日 (水)

オバマのお辞儀

オバマ大統領が来日の際、天皇、皇后両陛下に対し「深々としたお辞儀」をしている映像を見て、すごく礼儀正しい大統領だなあと思っていたが、米国内の保守系メディアは、オバマ氏の今回の行動は「大統領として適切ではない」などと批判した。基本的に挨拶にはお辞儀と握手の2つあると思う。お辞儀は相手への敬意を表し、握手は親睦や和解の表現として行われるのが常だ。本来お辞儀は自分の首を差し出して、相手に対して敵意がないことを表現したことに由来するそうだ。握手も武器を持っていないと言う事を表現するために行われたそうだ。ただ日本人によく見かける光景で、頭をペコペコ下げながら握手をする人がいるが、これは卑屈に見えてマナー違反のようだ。昔、日本で大変人気のあったアンディウィリアムスと言う歌手が、歌い終わると、深々とお辞儀をしていた。これが日本のファンに大変好感を持たれたようだ。日本人の私に言わせれば今回のオバマ大統領の皇室に対するお辞儀は、アンディウイリアムと同様、大変誠意と好感の持てる礼儀をわきまえた素晴らしいものであったと思う。

2009年11月17日 (火)

栗東市

滋賀県栗東市と言っても、全国的にはほとんど馴染みのない町だ。名神高速道路のインターチェンジがあり、JRA競走馬のトレーニングセンターがあるが、何といっても新幹線新駅計画を中止した町としてちょっと有名だ。その跡地利用で揉めていたが、大手電池メーカーのジーエス・ユアサが名乗りを上げ、電気自動車向けリチウムイオン電池の新工場を建設する方針を固めたようだ。私自身「必要がない」「無駄遣いだ」と思っていた新駅建設が中止され、空き地のまま放置されていたところに、成長産業が進出することで税収が増え、多少は活性化することだろう。人口わずか64000人余りの栗東市の大きな税源であった積水ハウスが今春生産停止してますます元気のなかった町にとって明るいニュースだ。

2009年11月16日 (月)

山と寺

お寺には必ず山号がつく。比叡山延暦寺や高野山金剛峰寺などが全国的に有名だ。京都にも龍寶山「大徳寺」、音羽山「清水寺」、萬年山「相國承天禅寺」、北山「鹿苑寺(金閣寺)」、東山「慈照寺(銀閣寺)」など、山号がつく。山が近くにあるのが理由だが、平地のお寺でも山号がついている。この場合の山号は山の名ではなく、そのお寺を興した開基、あるいは開山の人にちなんだ名がついているそうだ。滋賀県の琵琶湖を中心に、東にあるのが湖東三山、南にあるのが湖南三山と呼ばれる。龍應山「西明寺」、松峰山「金剛輪寺」、釈迦山「百済寺」を湖東三山と呼ぶ。阿星山「西寺常楽寺」、阿星山「東寺長寿寺」、医王山「善水寺」を湖南三山と呼ぶ。阿星山は職場から車で10分程度のところにあり、車で前を走ると、紅葉がきれいだ。やはり寺には「ビーチ」より「山」が似合う。

2009年11月15日 (日)

3円玉葱

今日は、玉葱の苗を160本植えた。昨年は種から育てようと思ったが失敗に終わり、今年は苗からのスタートになった。JAで550円。全部順調に育ったらの話だが550÷160≒3.4・・・玉葱が1個3円あまりの計算になる。ただし、肥料代と私の人件費と失敗も含めると1玉50円くらいになり、玉葱はスーパーで買ったほうが安そうだ。4列で10cm間隔に、少し斜めにして植え、後は11月末、1月、3月に追肥する・・・てなことを販売担当者にご指導いただき、45分で植え付け完了。隣の畝では、菊菜と大根が順調に育っている。家庭菜園を始めてまだ10年。門前の小僧、習わぬ経を読むと言うが、農業は限りなく奥が深く、経を読むまで、まだまだ道は険しそうだ。ちなみに来週はほうれん草の種をまく予定だ。

2009年11月14日 (土)

ネット環境と地球環境

インターネットの世界は日進月歩、超スピードで進化する。microsoftのOSもwindows3.1から愛用しているが、以降95~98~2000~me~xpと使ってきた。さらにvista~7・・・どこまで行くのやら。我が家のネット環境も、YAHOOBB~ADSL~フレッツ光~eo光と渡り歩いてきた。企業間の競争はますますエスカレートする。携帯電話の世界も次々と新製品が発売され、他メーカーから乗り換えたら、超割安とのうたい文句で客を奪い合い、新しい機種を作り、分厚いマニュアルを作り、まだまだ使える電話機を廃棄する。本日NTTの解約に伴う工事を済ませた。客が安くて快適なものを次々選択し、そのつど工事業者が、高いところに昇って工事をする光景を見て、地球的に見て資源や人的エネルギーの無駄というか、空しい気持ちになる。ただ考えようによっては仕事を増やし雇用創出したと考えたら気は休まるが、これを進化と呼ぶのか、と思いつつ、「まとめて得するeo光」でネット、光電話、地デジテレビで快適な日々を送っている。

2009年11月13日 (金)

事業仕分け

政府が無駄遣いをなくす目的で事業仕分けが始まり、公開で行われた。税金の無駄遣いを公開の場で洗い直すと言う画期的なものだが、果たしてこれでよいのかという疑問もあった。官僚が英知を絞って作り上げた計画を、詳細を知らないド素人政治家と一部知識人と思われている委員が、わずか1時間あまりの議論で、バッサバッサと多数決で切って行くのは、ワイドショーを見ているようで、痛快だが、ちょっと乱暴であると思う。人間はいろんなところで利害関係があるので、廃止によって大きな痛手を受ける国民もいるだろう。評論家はいろんな事を言うが、評論家は言うだけで責任を持たない。政治家は政権公約なのだから、一度やってみて問題があれば見直し、失敗したら責任を取ればよい。結果は後からついてくる。今まで官僚任せであったことを考えると、問題もあろうが画期的な事だと思う。

2009年11月12日 (木)

新語流行語

今どきの流行語・・・「ゼロ年代」(西暦 2000 年から 2009 年までの 10 年間)「リア充」(現実の生活が充実すること)「ネト充」(ネット生活が充実すること)「朝活」(朝の時間を有効活用すること)他にも「マイバッグ万引き」「圏外パパ」「エコ恋愛」「買い物難民」「介護前離婚」「イラネーム」「限界団地」「筋違い犯罪」「アラ還」など・・・こんな言葉を覚えても、5年後にほとんど死語となっているだろう。今年の流行語大賞がそろそろ発表されるのだろうが、やはり今年は民主党がらみで「政権交代」「政治主導」「故人献金」「ハブ空港」か、新型インフルエンザ関連で「タミフル」「リレンザ」かその他「侍ジャパン」「エコポイント」「windows7」「地デジカ」「マイケルジャクソン」てなところか?

2009年11月11日 (水)

記録的雨量

降水量と言っても、いろんな測り方がある。日付を区切りとし、0時01分から24時00分までの24時間の降水量は「日降水量」、任意の24時間で計算する「24時間降水量」、さらに「1時間降水量」「10分間降水量」などの記録が残っているそうだ。今日、和歌山市で午前4時までの1時間に119.5ミリの猛烈な雨を観測するなど、近畿東海で観測史上最多の雨量となった。早い話が過去に経験のない「めちゃくちゃな雨」が降ったと言う事だ。また日本海側では暴風、波浪警報が各地に発令され、大荒れの晩秋である。政権が民主党に交代してから、経済が一向に上向く気配がない。株価低迷で、連日の涙雨と寒風のダブルパンチだ。

2009年11月10日 (火)

ベルリンの壁

ベルリンの壁が崩壊してから20年経過した。私が浅学ゆえ未だ理解できない話はたくさんあるが、ベルリンの壁の問題もあまりよくわからない。そもそもドイツ帝国が第2次大戦で敗れた後、領土の奪い合いが始まり、米英仏の民主主義グループは、西ドイツを支持し、他方、共産主義のソ連は東ドイツを支持し、国が東西に二分された。そこまではわかる。西ドイツの首都ボンはそのままなのに、なぜ東ドイツの首都ベルリンだけ東西に二分され、東西ベルリンが出来上がったのか?西ベルリンは東ドイツと言う国の中にあっての西ドイツの離れ小島のようなものだったのだ。なのに、なぜ東ドイツに侵略されなかったのか?若い頃は東西ドイツの国境に壁があるのかと勘違いしていた。壁は東ドイツの首都ベルリンにあって、1961年に西側諸国への亡命を阻止するため、東ドイツ政府が西ベルリン側の境界に築いた全長155kmのコンクリートの塀なのだ。例えて言うと、北朝鮮に北平壌と南平壌があって、南平壌が韓国の一部だと言う理屈になる。う~む・・・わからん。もっと歴史を勉強せねば。

2009年11月 9日 (月)

殺人事件

鳥取県で男性3人が相次いで不審死し、遺体から睡眠導入剤と風邪薬の成分が検出され、殺人容疑も視野に詐欺容疑で逮捕されている元スナック従業員の女との関係が疑われている事件、島根県立大学の平岡都さんの残虐な殺人事件、中国人研修生が同居する熊本県の民家で3名の遺体が発見された事件、英国人女性が殺害された事件で、死体遺棄容疑で指名手配中の市橋達也が整形手術をして逃走している事件、新潟のタクシー運転手殺害事件、山梨県でスナック経営者の女性が殺害された事件、9月仙台駅前で秋田の保育園職員が殺害され、指名手配されている容疑者が自殺した事件など、頭が混乱しそうなくらい、残虐な殺人事件が多すぎる。人の命は重いもの。何かしら社会が壊れかけている。明るく爽やかなニュースはないのか?

2009年11月 8日 (日)

眼鏡市場

ヨンさまでお馴染みの「眼鏡市場」でメガネを買った。事前に眼科で視力を測ってもらった結果の処方箋を持ち込んだので話が早い。この店は眼鏡とレンズセットですべて18900円均一なので、あれこれ価格で悩むことはない。レンズに若干の色をつけたので2100円増しの総額税込み21000円。仕上がりは土曜日である。これで夕方の車の運転時の眩しさや新聞の読みづらさも多少は緩和されるだろう。一昔前はスーツも眼鏡も3~5万円が当たり前だったが、安くなったものだ。最近のメガネ会社の売り上げベスト5は「ミキ」「メガネトップ」「メガネスーパー」「愛眼」「ビジョンメガネ」だそうだ。「眼鏡市場」がないではないかと思って調べたら、「メガネトップ」が「眼鏡市場」と言う名前で店舗展開しているのだ。

2009年11月 7日 (土)

白内障

最近夕方車を運転すると、対向車のヘッドライトが眩しく、すこし靄がかかったように見える。今日眼科に行ったら、軽度の白内障と言われた。手術をしなければならないほどのものではないそうだが、年齢とともに水晶体が濁って来るらしい。症状の進行を遅らせる効果のあるカリーユニ点眼液と言う目薬を処方された。メガネも若干色つきのものにしたほうが良いそうだ。ちょうど新しいメガネを買おうかと思っていたところなので、出費は痛いがやむを得ない。ついでに眼科医に白内障と緑内障の違いを聞いてみた。緑内障は景色が緑に見えるわけではなく、眼圧が上がり目が固くなる病気で、見えている範囲が狭くなったり欠けたりする病気だそうだ。「はくない」も「りょくない」も「よくない」病気だ。

2009年11月 6日 (金)

警戒レベル

身近なところでインフルエンザ患者がいると、警戒レベルと言う実感がわいてくる。ほとんどは疾患を持っている人と若い人が感染するようだ。われら中途半端な年齢で元気な人間は大丈夫な様だが油断禁物である。最近はドラッグや日用品店でもマスクは十分在庫が確保されているようだ。ドラッグの売り場も「インフルエンザ対策コーナー」のようなものが各店で見受けられ、マスク、消毒液、うがい薬など大量陳列してある。昔、うがいと言えば、塩水でガラガラとしたものだが、近年、それが効果的だということが科学的に立証されているらしい。世の中情報が氾濫して、右往左往させられるが、石鹸で手を洗い、塩水でうがいし、暖かくして十分な食事と睡眠をとる・・・など、もっとシンプルに考えても良いのかもしれない。

2009年11月 5日 (木)

松井秀喜MVP

今日はなんと言っても松井である。野球好きの少年に作文を書かせたら、たぶん「甲子園に出場して、ドラフト1位でプロ野球に入って、エースか4番になって、大活躍して、メジャーリーグでワールドシリーズに出て、優勝してMVPを獲りたい」となる。ヤンキースの松井秀喜は、今日、先制2ランを含む3安打6打点の活躍で、チームを世界一に導き、今シリーズの6試合に出場し8安打8打点3本塁打で打率.615の活躍で、MVPを獲得した。まさに野球少年の夢を全部叶えてしまった。松井は今年で契約切れ。ファンは納得しないだろうが、ある意味ここが引き際である。今年ヤンキースを去ったら、伝説になる。

2009年11月 4日 (水)

OSの修復

仕事で使っているパソコンが、1週間ほど前からトラブル続きで、エクセル・ワード・アウトルックなどが使用不能になってしまったので、今日「エイヤ!」でOSの修復作業をした。簡単に言えばパソコンを買った当時の状況に戻した。当然ながら消えたら困るデータは前もってUSBメモリーなどに退避しておいた。リカバリーCDを入れて、指示通りに操作したら、10分ほどで無事終了。そしてCドライブは見事に空っぽになった。後はOfficeなど必要なアプリケーションをインストールし、退避していたファイルなどを優先順位を決めて時間をかけてボチボチ戻せばよい。パソコンがすごく軽くなった気がする。物事の整理の仕方は人それぞれあろうが、「あるものから不要なものを捨てる」より「一旦全部捨てて要るものだけ拾う」方がきれいになる。とりあえず残しておこうと思って、その積み重ねが、パソコンの動きを悪くしていたのかもしれない。

2009年11月 3日 (火)

坂本龍馬

今日は文化の日。少しくらいは文化的なことをと思い、「京の幕末と坂本龍馬志士に学ぶ」と言うフォーラムに参加させていただいた。来年度の大河ドラマ「龍馬伝」で話題が盛り上がっているのか、参加者多数で会場は超満員の熱気であった。坂本龍馬を語る上でのキーワード「土佐勤王党」「亀山社中」「海援隊」「薩長同盟」「船中八策」「お龍」「大政奉還」「材木商酢屋」「才谷さん」「京都近江屋」「岩崎弥太郎」・・・これだけ説明できたら龍馬通だ。最近は歴史上の人物人気No1らしいが、未来を予測する能力とその行動力、そして何より33歳という若さで亡くなった事も人気の一因かもしれない。今の日本の政治家には「行動派」が少なくて、チマチマ他人のあら捜しをする「評論家」が多すぎる。龍馬がこれだけ人気があるのなら、紙幣の肖像になってもよさそうなのに。

2009年11月 2日 (月)

塩焼きそば

昨日は東京が夏日で旭川は雪!そして今日の午後、突然強風が吹いて、晩秋を通り越して初冬に入ったような気候である。衣装ケースからセーターを出して着用!むちゃくちゃな気候だ。さて最近塩焼きそばがヘルシーでちょっとしたブームとの事で、昨日さっそく、名城食品の「名古屋コーチンガラだし塩味焼そば」と言うのを食べた。メーカーの宣伝をするわけではないが、あっさり味で大変美味しい。いよいよ土鍋が活躍する季節になってきたようだ。

Item_fried9

2009年11月 1日 (日)

あさがお

http://www.eonet.ne.jp/~kenny195

↑クリック!!

今日は天気予報の通り、晴れのち大雨。11月だと言うのに、6月に種を蒔いた朝顔が狂ったように咲き乱れている。これって品種の問題?それとも異常な気候の問題?・・・午前中、町内のイベントの手伝いを少しだけして、午後からクラシックコンサートに行った。コンサート開始前色々注意事項が流れる。ホール内の飲食禁止、演奏中の出入り禁止、携帯の電源を切ること、演奏中の写真撮影禁止などである。演奏中写真撮影禁止と放送されていたので、演奏が終わって拍手が鳴り始めた瞬間ならOKだと解釈し、最後列の席からストロボなしで撮影した。夜からぐんと寒くなるそうだ。油断大敵である。

Asagao Consert

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »