« 殺人事件 | トップページ | 記録的雨量 »

2009年11月10日 (火)

ベルリンの壁

ベルリンの壁が崩壊してから20年経過した。私が浅学ゆえ未だ理解できない話はたくさんあるが、ベルリンの壁の問題もあまりよくわからない。そもそもドイツ帝国が第2次大戦で敗れた後、領土の奪い合いが始まり、米英仏の民主主義グループは、西ドイツを支持し、他方、共産主義のソ連は東ドイツを支持し、国が東西に二分された。そこまではわかる。西ドイツの首都ボンはそのままなのに、なぜ東ドイツの首都ベルリンだけ東西に二分され、東西ベルリンが出来上がったのか?西ベルリンは東ドイツと言う国の中にあっての西ドイツの離れ小島のようなものだったのだ。なのに、なぜ東ドイツに侵略されなかったのか?若い頃は東西ドイツの国境に壁があるのかと勘違いしていた。壁は東ドイツの首都ベルリンにあって、1961年に西側諸国への亡命を阻止するため、東ドイツ政府が西ベルリン側の境界に築いた全長155kmのコンクリートの塀なのだ。例えて言うと、北朝鮮に北平壌と南平壌があって、南平壌が韓国の一部だと言う理屈になる。う~む・・・わからん。もっと歴史を勉強せねば。

« 殺人事件 | トップページ | 記録的雨量 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 殺人事件 | トップページ | 記録的雨量 »