« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月31日 (木)

もちとうどん

いよいよ大晦日である。物凄い寒波襲来!元旦の朝は雪景色かも。世間では年越しそばを食べるようだが、我が家は「もちつき機」で連日つきたての餅をしっかり食べた。昨年あたりから、世間では「年越しそば」を食べた後は「年明けうどん」だそうだ。讃岐うどん振興団体が提唱し始めた。古くは土用丑の鰻、2月14日はバレンタインチョコ、3月14日はホワイトデー菓子、節分は恵方巻き寿司、毎月12日は豆腐の日、29日は肉の日、30日は味噌の日、などなど食品関連企業は需要拡大のためブームを起こそうとあの手この手で考える。我が家の風習で、いまさらうどん業界から言われるまでもなく、正月は鍋にうどんを入れて食べている。除夜の鐘がなる頃は間違いなく熟睡しているはずだが、一年事故なく健康に過ごせた事に感謝し、残り数十ページとなった村上春樹の「めくらやなぎと眠る女」を読み終えたら寝るぞ。

2009年12月30日 (水)

おくやみ

俳優牟田悌三80歳、フォーリーブス青山孝史57歳、プロ野球山内一弘76歳、テレビタレント飯島愛36歳、時代劇の名悪役金田龍之介80歳、歌手清水由貴子49歳、ロック歌手忌野清志郎58歳、作曲家三木たかし64歳、韓国元大統領盧武鉉62歳、NHKアナウンサーからフジテレビに移籍した頼近美津子53歳、ベンチャーズのボブボーグル75歳、女優ファラフォーセット62歳、ロック界のスーパースターマイケルジャクソン50歳、日本水泳連盟名誉会長の古橋広之進80歳、女優大原麗子62歳、俳優山城新伍70歳、スキーのトニーザイラー73歳、政治家エドワードケネディ77歳、フォークグループPPMのマリートラバース72歳、元財務金融大臣中川昭一56歳、クレヨンしんちゃん作者臼井儀人51歳、巨人の二塁手土井正三67歳、軍事評論家江畑謙介60歳、ミュージシャン加藤和彦62歳、女優南田洋子76歳、笑点司会者三遊亭円楽76歳、俳優森繁久弥96歳、キャスター政治家田英夫86歳、シルクロードを描いた画家平山郁夫79歳・・・私の嫌いなタレント明石家さんまが23年ぶりにキッコーマンのCMソングを歌っている。♪幸せって何だっけ何だっけ♪・・・幸せとは、宝くじで3億円を当てる事ではない。家族が健康で、身の丈にあった普通の生活を普通に過ごす事が一番幸せなのかもしれない。とはいえ3億円欲しい。でも「くじ」を買わないと当たるわけがない。

2009年12月29日 (火)

子供

高卒4年目で1億8000万円のマー君田中将大投手21歳。甲子園で150km台の速球連発、西武ドラフト1位菊池雄星18歳。男子ゴルフ史上初10代賞金王石川遼18歳。女子のフィギュアスケートポスト真央の呼び声が高い期待の新星村上佳菜子15歳。スピードスケートのハニカミ王女高木美帆15歳、愛ちゃんと人気を二分する卓球界のホープ石川佳純16歳。国際柔道連盟世界ランキング52kg級1位中村美里20歳。世界が絶賛する天才ピアニスト小林愛実14歳。大河ドラマ「天地人」で大ブレイク、子供店長加藤清史郎8歳。たかが子供と言うなかれ、恐るべき子供たちである。

2009年12月28日 (月)

酒気帯び2010年問題

西暦2000年になるとき、コンピュータに世界的異常が発生すると言う2000年問題というのがあったが、大きな混乱はなかった。2007年問題と言うのもあった。企業の中枢にいる団塊の世代が一斉に定年退職し企業が混乱を来すという話だったが、とりあえずこれもクリア。今年もあと4日後には2010年になる。今度は2010年問題である。大型医薬品の特許が一斉に切れ、大手製薬業界が一気に経営危機になると言う問題と、もうひとつは、コンピュータの電子署名や暗号化通信に使う暗号技術が、より強度のある次世代のものに移行するそうで、いろんな場面で混乱が予想されるそうだ。さらにはガソリンから電気自動車への普及でガソリンスタンドが潰れたり、充電ステーションになったり、大きく変化しそうだ。ついでに来年の政局を酒気帯び爺が、むちゃくちゃ大胆予想!平均株価が1200円~900円を乱高下し、春には気力を失った鳩山由紀夫総理から菅直人総理に代わり、拉致問題が解決に向けて進展し、参議院選挙で民主党が圧勝し、直後に連立政権を解消し、消費税10%が可決し、党内左派不満分子が連立解消された国民新党と社民党を含め「赤福亀党」を結成し、かたや自民党の小泉派と公明党の一部と民主党前原誠司グループが「公誠泉党」を作り、混乱の中「小沢甘辛党」と名前を変えた民主党から原口一博総理大臣が誕生し、仕分けで名を馳せた蓮舫議員が官房長官に就任。政治に嫌気がさした岡田克也外相は大手スーパーの社長に転身。石原慎太郎東京都知事が気力減退で突然辞任し、後任ポスト目指して閑職にあった菅直人が出馬・・・少々酔いが回ったが、想像するのは勝手だ。

2009年12月27日 (日)

2009年10大ニュース

①オバマ米大統領就任・・・まるで日本の大統領が誕生したような大騒ぎ
②財務・金融担当相、中川昭一氏が、G7閉幕後の朦朧会見、そして自殺・・・本人も悪いが取り巻きの人間がなぜ止めなかったのか
③民主党が圧勝し、自民党は歴史的惨敗・・・連立政権の危うさと小沢独裁を露呈
④皆既日食・・・せっかく悪石島まで観測に行っても暴風と大雨で気の毒
⑤台風9号に伴う豪雨によって、兵庫県佐用町では18名もの死者・・・雨の降り方がかつて経験したことのない異常さ
⑥酒井法子覚せい剤で逮捕・・・本人も悪いがダンナがそれ以上に程度が低い
⑦裁判員制度がスタート・・・こんなくだらない制度早く終わらせて欲しい
⑧新型インフルエンザ・・・マスク品切れ、結局うがい手洗いが一番の防衛策なのか
⑨マイケル・ジャクソンさん死亡・・・亡くなって改めて知るポップス界での存在感
⑩侍ジャパン WBC悲願の2連覇達成と松井秀樹ワールドシリーズMVP・・・お陰で日本のプロ野球の影が薄くなってしまった。
一般会計総額92兆円、新規国債発行44兆円、借金を増やし、有効な経済対策も打たず、埋蔵金を使って、子供に金をばら撒く!円高株安デフレスパイラル・・・ジーンズ880円、牛丼280円!物価が安く、景気が悪く、結局は参議院選挙終了後消費税の大幅増税、そして日本は奈落の底へ・・・来年以降も希望の持てない日本である。

2009年12月26日 (土)

左側通行

大阪の地下街や商店街を歩くと、誰が決めたか知らないが、必ず人間は左側通行になる。昔武士が左の腰に刀をさしていたので、右側通行だったら刀の鞘が当たってトラブルの元になるからとか、人間の心臓が左にあり、それを本能的に守ろうとするからとか諸説ある。厄介なのは自転車である。普通は車道を走るが、時には歩道をスイスイ飛ばしてゆく非常識な人間がいる。また道路交通法で自転車は車道を走るときは左を走らなければならない。にもかかわらず、右側を猛スピードで走ってくる状況に時々遭遇する。これは危ない。夕刻私が自動車で左側を走っていた時、無灯火の傘差し自転車が右側通行で突進して、危うく接触しそうになったことが最近あった。自転車の若者に交通ルールなど守る気はないのか。夜明け前信号無視で走る車、制限速度50kmの道のど真ん中を30km程度でヨロヨロ進む高齢者のバイク・・・歳末、危険がいっぱいだ。

2009年12月25日 (金)

桜の開花予想

昨晩は、ご近所から、小座布団の大きさ程のつきたてのお餅をいただいた。餅は英語でrice cakeと呼ぶそうだ。ホワイトクリスマスに相応しい真っ白なcakeのプレゼントで、感激だ。比較的温暖なクリスマスイブであったが、正月からまた寒くなりそうだ。最近の天気予報は民間会社も入り乱れて多様化して来た。天気、気温、湿度、降水量、風向、風速など以外にいろんな指数が発表される。洗濯、服装、花粉、体感温度、傘、星空、紫外線、風邪ひき、寒冷、肌乾燥、掛け布団、鍋など生活に密着した、と言うより余計なお世話とも思えるものまで多種多様だ。花粉の飛散予報は結構役に立つが・・・。気象庁は来年から桜の開花予想は中止するそうだ。それも結構なことだ。気象庁のなどの役所は視聴者に媚びる必要はない。民間に出来ることは民間に任すのが良い。いつも思うことだがNHKは面白くないバラエティやドラマやワイドショー紛いの番組などはやめ、ニュース報道に特化して、粛々と放送すればよいと思う。

2009年12月24日 (木)

メッシ

国際サッカー連盟(FIFA)はアルゼンチンのメッシとか言う選手を2009年の年間最優秀選手に選んだそうだ。北京オリンピックのとき、アルゼンチンの優勝に貢献したのはなんとなく覚えている。サッカーは組織力と個人技がうまくかみ合って成り立つ。一般的に組織力のヨーロッパ、個人技の南米と言われている。メッシは「滅私奉公」の組織人のような名前だが、やはり個人技が突出してすばらしい選手なのだろう。私はサッカーにはまるで興味がない。やはりプロ野球である。今年はWBCでの日本優勝に始まり松井秀樹のワールドシリーズMVPで終わった。日本プロ野球の話題もどこへやら?わがスワローズ軍は満身創痍でセリーグAクラスを確保したが、五十嵐がメジャーに行ってしまい、貧乏球団ゆえ大型補強もままならず、家族的チームワークで2010年もそれなりに頑張って欲しいものだ。そして来年のドラフト会議で「神宮の星」斎藤佑樹を獲得して人気回復を図ってほしい。

2009年12月23日 (水)

天皇誕生日

今日は天皇誕生日で祝日の休み。ただ、一般的に年末は各社何かと多忙である。営業は休んでいる場合ではない。経理担当者は給与計算や年末調整の事務作業でこれまた多忙。スーパー家電日用品店など小売業は年末の一番売らなければならない時期で当然社員は出勤。この日は現役サラリーマンにとって、陛下の誕生日を心からお祝いするにはちょっと厳しい日だ。とは言え天皇陛下の76歳の誕生日を祝福する一般参賀が皇居で行われ2万人を超す国民に挨拶をされ、国会議員との宴会の儀でも挨拶もされ、大変な1日だとご推察申し上げる。76歳になって自分の誕生日くらい、家でゴロンと寝そべって、テレビでも見ながらビールでも飲んでパア~と暮らせる一般庶民が気楽で良い。

2009年12月22日 (火)

政権「後退」

事業仕分けは単なるパーフォーマンス?連立政権は足並みバラバラ、普天間問題5月まで先送りされ、日米関係ギクシャク、財源もないのに子供手当てに所得制限なくばら撒き、子供のいない家庭との差別を行い、さらに財源がないのに高速一部無料化、国の借金が増え、COP15でCO2を25%削減提案したが米中その他各国に無視され、日本の最高権力者が小沢一郎であることを中国に見せ付け、皇室を混乱させ、経済は浮上せず、あとは自民党が行ってきた暫定税率は維持しガソリン代は安くならず運輸業にダメージを与え、野党時代導入は出来ないと批判していたエコポイント制は継続・・・政権交代は一体なんだったのか?まさに政権「後退」し、失望感が残っただけだ。これで年越しとは、寂しい限りだ。参議院選挙では小沢民主党を落選させてやるぞ!

2009年12月21日 (月)

左利き

誰が数えたのか知らないが、世界の90%の人は右利きで10%の人は左利きだそうだ。はさみや自販機など、世の中は右利き中心になっている。アラブの文字は右から左に書くが、日本語や英語は左利きの人には書きにくそうだ。右と左どちらが有利か?プロ野球では左打ちのほうが一塁への距離が近いので絶対有利だ。左投手の方が、一塁に出た走者を牽制するのに有利だ。捕手と二塁・三塁・遊撃手は左利きでは不自由だ。逆に一塁手は左利きの方が合理的だ。その意味では野球は奥深いスポーツだ。脳梗塞などで、右手が不随意になった場合を想定して、左手で箸やスプーンをもって食事をする練習をしたことがある。努力すれば出来ないことはなさそうだ。私の知人に電卓は左手、筆記は右手と言う器用な人物がいる。これも努力だ。先日箒であちらこちらを掃いた。私は右手を上、左手を下にして、左から右に向かって掃く。昔からずっとそうだ。先日試しに逆にしたらどうなるか試してみたら全く掃けない。ちょっとカルチャーショックである。さすがに文字は左で書くのは至難の業だ。バイオリンも基本的に右利き用である。あの有名な千住真理子さんは左利きにもかかわらず努力をして右利きのプロのバイオリニストになられたのは有名な話だ。これからは私も「努力あるのみ!」などと堅苦しく考えず、遊び心で、左利き目指して色々試してみよう。

2009年12月20日 (日)

瑛太と小雪

苗字のないスポーツ選手や芸能人が増えた。プロ野球・・・イチロー、英智、鉄平、サブロー、由規、銀次朗、ユウキ、タレント・・・照英、瑛太、杏里、小雪、優香、夏帆、絢香、香里奈、美波、マリエ、乙葉、aiko、MEGUMI、ベッキー、スザンヌ、外国人歌手・・・スティング、ニルソン、ベイビーフェイス、エンヤ、ワイノーナ、アデル、ダフィー・・・イチローやスティングなど完全にイメージが定着している有名人もいるが、こいつ誰やねん?と顔と名前が一致しない場合も多い。結局は名前が本人を有名にするのではなく、実力が名前を有名にするのである。苗字をなくして名前だけという風潮は社会を混乱させるのでやめて欲しい。親が名づけた立派な名前があるのだから、来年から土谷鉄平、佐藤由規、永山瑛太、加藤小雪・・・と名乗ったらどうなん?

2009年12月19日 (土)

みかん

今朝は幸い雪は降らなかったが、朝から晩まで気温が上がらず寒い真冬の1日であった。昔からの慣習で、年末みかんを1ケース買うが、今日は地元野菜販売所でみかんのケース売り特売があったので、格安で美味しいみかんを1ケース買った。あまり美味しいので、このペースで消費するとクリスマス頃にはなくなりそうだ。みかんを食べるのは待機しよう・・・これを「みかんのたいき」と呼ぶ。年末年始、定番の行動と言うものがある。だが世間一般的に見て、我が家はちょっと違う。まずクリスマスは大騒ぎせず、クリスマスケーキも食べない。年末は混雑するから散髪に行かない。紅白歌合戦を見ない。年越しそばを食べない。門松しめ飾り鏡餅など正月飾りはしない。初詣に行かない。元旦に酒を飲まない。私にとってお正月は特別な1日ではなく365分の1日である。

2009年12月18日 (金)

地震と寒波

16日午後2時12分ごろ高知県黒潮町で震度4、17日午後11時45分ごろ伊東市で震度5弱、18日午前5時41分ごろ栃木県日光市などで震度4、そして午前8時45分ごろ、またまた静岡県伊東市で震度5弱・・・日本は揺れている。揺れていると言えば子供手当ての所得制限を年収860万だ、1000万だ、2000万だと意見はさまざまだが、そもそも私は子供のいない家庭を差別するようなばら撒きは反対だ。しかも、私から見れば年収1000万円以上は大金持ちだと思っている。所得制限を2000万にするという大多数の国民を愚弄するような金銭感覚が理解できない。子供手当て断固反対!高速無料化断固反対!基地問題さっさと結論を出せ!永住外国人に安易に参政権を与えるな!最高権力者小沢幹事長の横暴、小沢大臣の西松不法献金・・・景気がますます冷え込む。今晩はめちゃ寒い。明日の朝、窓を開けると銀世界かも。

2009年12月17日 (木)

厳寒の候

厳寒の候である。今日も寒く、山形鶴岡市では午前10時までに93cmの雪が積もった。明日はさらに寒く、そして明後日土曜日には日本全国雪が降るそうだ。COP15で先進国と途上国の議論の溝が埋まらない地球温暖化問題が嘘のような寒さだ。昨年、あまりの寒さで、寝る時に掛け布団の上に毛布を重ね、パジャマの上にトレーナーを着て、靴下を履いて、ネックウォーマーをして寝たら、翌日から数日、身体じゅう肩こりで、ヒドイ目にあった。しかし今日明日の寒さを考えると、肩こりも止むを得ない。明日を乗り切れば雪の土日は家で冬眠だ。

2009年12月16日 (水)

参政権

永住外国人とは、日本国籍を持たず、日本に永住する人のことを言う。この人たちに参政権を与えるかどうかいろんな議論がある。日本人と同じように税金を払っているのに、参政権がないのはおかしいと言う理屈ももっともだ。しかし日本国籍のない人間が日本の政治に介入する事は日本国憲法に違反する。また税金を払っているから参政権を与えよという意見は、カネさえ払えば政治に参加できるという理屈を正当化することとなり、選挙制度の概念を根底から覆すことになる。地方選挙で外国人が日本の市町村を支配する可能性もある。「軒を貸して母屋を取られる」という事態だ。参政権が欲しければ帰化すればいいのだ。そんな法律を認めると、極論を言えば異国人が怒涛のごとく日本に押し寄せ、日本の地方都市から順次占拠し、結果的に日本民族がチベットなどと同じ運命をたどることになるかもしれない。日本国の存立さえ揺るがすかもしれない重大な法律をゴリ押しで、いとも簡単に通そうとしている。幕末の攘夷か開国かの議論と似ている。、もっと議論が必要なのではないか。

2009年12月15日 (火)

携帯電話

日本中で携帯電話が何台あるのか?契約件数で調べると約1億1千万台あるそうだ。日本の人口が1億2千万人としても、赤ん坊からじい様・ばあ様を含めて1人1台持っている計算になる。メーカー別ではドコモ5500万台、au3100万台、ソフトバンク2200万台、イーモバイル200万台。1人複数台所有する人や、犯罪によく利用されるプリペイド携帯なども含んでいるのでこのような数字になるのだろう。これらが恒例大晦日、一斉に「アケオメ」メールを送信したらパニックになるのは「当たり前田のクラッカー」である。(60歳以上の関西人しか通じない言葉)私も初めて携帯電話を持ったとき、大晦日のカウントダウン後、うれしがってメールを送ったが、近年大晦日は、紅白歌合戦など見ないで10時には就寝しているので、今は昔の物語である。

2009年12月14日 (月)

アレルギー表示

最近食品を買うとアレルギー表示がある。卵・乳・小麦・そば・落花生の5品目は表示義務があるそうだ。また、あわび・いか・いくら・えび・オレンジ・かに・キウイフルーツ・牛肉・くるみ・さけ・さば・大豆・鶏肉・豚肉・まつたけ・もも・やまいも・りんご・ゼラチン・バナナの20品目は表示するよう勧められているそうだ。世の中にはいろんな食品に反応する人がいるものだと改めて納得する。私の場合合計25品目のうち、生卵、えび、かに、さばはreactionあり!でダメである。あわび、キウイフルーツ、もも、やまいもはdoubtfulで、どちらかと言えば良くない。まつたけは最近食べたことがないのでunknownと言うかUMOである?unidentified mushroom object 「未確認きのこ物体」である。

2009年12月13日 (日)

すき焼き

子供の頃すき焼きは贅沢なおかずであった。我が家では今でもめったに高級牛肉を口にすることなどないので贅沢であることは変わりない。先日珍しく高級牛肉をお歳暮にもらったので本日は豪勢にすき焼きをした。日ごろ食べないので正しい作り方を知らない。すき焼きは味噌汁や肉じゃが同様、各家庭によって作り方が違う食べ物だが、基本的に関西風すき焼きは牛肉や具材を焼くが、関東風すき焼きは牛肉や具材を煮るようだ。以前は関西は「すき焼き」関東は「牛鍋」という別の料理だったらしい。そんなわけで、関西人の鍋奉行の特権でまず肉を焼いてすき焼きのたれと料理酒を入れ、あとは順次具材を入れた。舌にとろける牛肉は絶品で、今度は何年後に口にするかわからないのでしっかり味わって食べた。やけくそでいつもは麦とホップの第3のビールであるが、今日はエビスで散財した。ああ酒とバラの日々・・・明日から粗食に戻そう。

2009年12月12日 (土)

タイヤ交換

明日以降急激に寒くなると言う天気予報を信じて、今日タイヤ交換をしてもらった。ご近所の人は自分で交換されていたが、私には自信がないのでプロに任せた方が安心と思い、ディーラーに車とタイヤを持ち込んで、高いか安いか判断の難しいところだが洗車+待ち時間のコーヒーつきで2900円で完了。お歳暮シーズンでデパート近辺は渋滞気味。いよいよ年の瀬の様相である。11月27日私が予想した今年の漢字「新・薬・染・侍」のうち、結局「新」が選ばれた。あまり新鮮さのない漢字だが、過去に選ばれた「震倒毒末戦災偽」よりはまだ救いのある漢字でよかった。あと20日寝るとお正月である。景気回復せず、赤字国債がまた増え、日米関係がギクシャクし、地球はますます温暖化し、戦争が各地で激化。地獄へ向かってスパイラル真っ逆さま~~~である。

2009年12月11日 (金)

年末の第九

なぜ日本人は年末になるとベートーベンの交響曲第9番を聴くのだろう?舞台の床が抜けそうなくらい大勢の演奏者と合唱団が勢ぞろいする。年末に演奏されるのは、一説によると戦後楽団員は収入も少なく、正月も越せない状況だったのでせめて年末くらい合唱団員も含めて、「餅代」を稼ぐため、日本人に最も人気のある第九をNHK交響楽団が演奏し、それが習慣になったそうだ。ではなぜ第九が日本人好みなのか?日本の童謡や唱歌の大半はファとシのない5音階のものだ。「君が代」もそうだし、イギリス民謡「蛍の光」も5音階だから日本人に親しまれる。第九の「歓喜の合唱」部分もラとシがなくてドレミファソの5音階で成り立っているので親しまれるのだ。私はへそ曲がりなので、間違っても年末に第九は聴かない。マーラーの1番か、シベリウスの2番か、サンサーンスの3番か、ブラームスの4番か、ショスタコーヴィチの5番か、チャイコフスキーの6番か、ベートーベンの7番か、ドボルザークの8番が良い。これでは餅代が稼げないのか?

2009年12月10日 (木)

赤星引退

私はヤクルトスワローズのファンである。阪神対ヤクルトの試合を見ていて、一番憎い、鬱陶しい存在の選手は金本でも新井でも藤川でもない。赤星である。投手が塁に出すまいとプレッシャーを感じ、結局四球で塁に出すといきなり盗塁をする。しかも余裕でセーフ。外野守備では、ヤクルトの選手が左中間のヒットを打ったかと思ったら、落下点に赤星がいて、キャッチする。そんな憎き赤星が、今年9月12日甲子園での横浜戦、ダイビングキャッチした際の中心性脊髄損傷と言う命にかかわる大怪我が理由で引退する事になった。どんな記録を残したかは知らないが、少なくとも新庄の抜けた穴を埋めて余りある活躍をしたことは間違いない。盗塁の数だけ車椅子を障害者に贈ったことも印象に残る。敵ながら大アッパレな選手だった。

2009年12月 9日 (水)

ユニクロ

産業能率大学は、従業員数が10人以上の企業経営者(経営トップ)を対象に、2009年に最も優れていたと思う会社経営者が誰かを聞き、結果を発表した。①柳井 正(ユニクロ)②豊田 章男(トヨタ)③原田泳幸(マクドナルド)④孫 正義(ソフトバンク)⑤大坪 文雄(パナソニック)⑥渡邉 美樹(ワタミ)⑦大東 隆行(王将)⑧伊東 孝紳(ホンダ)⑨鈴木 修(スズキ)⑩カルロス・ゴーン(日産)・・・ただし2位以下に大差をつけてユニクロの柳井社長がダントツ1位であった。当然の結果だ。この不況の中飛ぶ鳥を追い落とす勢いで売り上げを伸ばしている。私のような60代の親父でも、普段着の半分に「UNIQLO」のマークが入っている。不景気を世の中の所為にせず、知恵と努力で成功している好事例だ。ただ「驕れるものは久しからず」である。普段着と言えば近所に「しまむら」と言う店がある。従来は「おばさんのための衣料品店」と言うイメージが私には染み付いていたが、最近はCMもおしゃれで良い物が結構安くで買える。「イオンスーパー」でも、最近衣料品を買うようになった。今年に入って私は「脱ユニクロ」の傾向である。

2009年12月 8日 (火)

COP

COOPといえば生協、COPといえばロボコップを思い浮かべる。映画でおなじみロボット警官である。COP15は警察官が15名集まっているわけではない。コペンハーゲンで開催されているからCOPと言うわけでもない。締約国会議(Conference of Parties)の略だそうだ。知らなかった。COPは、国連気候変動枠組条約(UNFCC)を受けて年に一度、各国の環境に関わる省庁の大臣が集まり、同条約の成果について話し合うそうだが、世界各国の利害が対立する中、公平な2013年以降の地球温暖化対策など合意できるわけがない。平和を唱えても戦争が終わらないように、地球環境が危ないと、きれいごとはいくらでも言えるが、地球のことより目先の自国経済や生活のことしか考えられない人間が集まっても、空しいだけだ。2020年までに90年比で25%削減と言った本人は、母親からお小遣い11億円もらっても忘れるくらいだから、そのころ73歳のボケオヤジニなって「そんなこと言ったっけ」・・・となりそうだ。

2009年12月 7日 (月)

イラネーム

2009年赤ちゃんの命名ランキングが発表された。男の子①大翔(ひろと)、②翔太(しょうた)、③蓮(れん)、④颯太(そうた)、⑤蒼空(そら)、女の子①凛(りん)、②さくら、③陽奈(ひな)、④結愛(ゆあ)、⑤結菜(ゆな)の順だった。読み方がわからなくてイライラしてしまうような、まさにイラネームである。名前に使用する漢字には規定があるが読み方は自由だ。男の子第1位の大翔も読み方は「ひろと」「はると」「やまと」「だいき」などいろいろあるそうだ。最近の若い親たちは、素晴らしい名前だと思っているだろうが、一般社会、とりわけ中高年から見ればどうかと思う。漢字本来の意味よりも語呂合わせ、響き、ファッション性が優先されている。特にひどい当て字や和洋折衷は、初めてその名前を見た他人は読むことができず、読み間違えると失礼かと思って悩む。そして親は気に入っても本人が気に入らず、それでイジメに遭う事も考えられる。和洋折衷も多い。騎士(ないと)宇宙(ひろし)亜登夢(あとむ)夢露(めろ)童夢(どうむ)摩周(ましゅう)・・・本人には罪はないが、もう無茶苦茶である。ただ笑里(えみり)は許せる。なぜなら私はバイオリニスト宮本笑里の隠れファンである。先日タレントの松本人志さんは、自身の長女を「てら」と命名したそうだが、意味不明だ。若い親たちは「漢字」の意味や「かな」の発生の歴史、文化、美しさを理解出来なくなっているようだ。イラツク。

2009年12月 6日 (日)

丸山茂樹

安藤美姫と金妍児、高橋大輔と織田信成、石川遼と池田勇太、横峯さくらと諸見里しのぶ・・・最近は若者の台頭でいろんなライバル対決が面白い。ゴルフ日本シリーズ「JTカップ」で最終的に尾崎将司が26歳で打ち立てた記録を石川遼が18歳で破り、最年少賞金王に輝いたのは見事であったが、それ以上に感動を与えたのは日本ツアー10年ぶりの優勝を飾った丸山茂樹であった。1990年代大活躍した丸山茂樹が2000年からアメリカツアーに参加し、結果的には挫折して日本に帰ってきたが、今日のプレーは鬼気迫る第一人者の貫禄があった。アリナミンVのCMに出ていたころの、元気いっぱい「コロッと」した体型の「丸ちゃん」のイメージはなく、40歳の渋い中年の雰囲気が時の流れを感じさせた。来年からも石川ら若手の「壁」となって「ブイッと」がんばってほしいものだ。

2009年12月 5日 (土)

エコポイント

10月に申し込んだエコポイントの交換品が昨日やっと届いた。国からお歳暮をもらったような気分だが、冷静に考えれば、我等が払った税金の払い戻しのようなものだ。エコポイントが導入されるころ、当時野党の民主党もマスコミも導入に猛反対した。「政策の実現プロセスにコストが掛かり過ぎる」とか「事務局がどこにどういう形で出来るか分からないし、交換商品も商品券なのかプリペイドカードになるのかまったく決まっていない」「全体的に手続きが煩雑で使い勝手が悪い」など評論家は騒いでいた。・・・しかし現在何とかメリットが出てきたし、経済効果も若干出てきた。批判していた民主党も政権をとったら制度を延長すると言う。勝手なものだ。でも延長されるとわかったら、あわてて家電品を買う必要もないので、年末年始の売り上げはぐっと落ちるだろう。定額給付金も「ばら撒きだ」と批判の嵐であったが、やはりもらうとうれしい。民主党の子供手当てよりは公平感がある。配偶者控除・扶養控除を廃止して子供手当てを出すのは、矛盾点が大いにある。子供のいない家庭は大増税で「苦しめ!」と言わんばかりだ。基地問題でも、日米国家間の関係より社民党のメンツの方が重要らしい。今から思えば麻生総理はもしかして立派な人だったのかもしれない。

2009年12月 4日 (金)

寒中見舞い

今年は喪中につき年賀状を出さないが、毎年今頃になると、「喪中につき年末年始のご挨拶は遠慮させていただきます」という趣旨のはがきがポツリポツリと郵送されてくる。旧年中に家族が亡くなった人に「おめでとう」と言うのは配慮がないと言うのが一般常識なのだろう。ただ私は年賀状を近況報告の手段の一つと考えている。「喪中につき云々」のはがきでは近況は伝えにくい。また1枚も年賀状の来ない正月を迎えるのも寂しい。本来年始の「おめでとう」は、神に対しての挨拶の言葉が始まりだが、それがいつの間にか年賀状にまであてはめる習慣になったようだ。不幸があってから1年間は、お祝い事もしないというのは、神道の考え方である。仏教では、一般に49日目を「忌明け」と称して、以後は普通の生活を送るのが普通だ。浄土真宗は、往生浄土は不幸なことではないので、年賀状を出すという考え方をする人もいる。ただ受け取る側にもいろんな考えや信条があるので、いずれにせよ今年は年賀状を出さず、いただいた方には寒中見舞いを7日ごろ出そうと考えている。

2009年12月 3日 (木)

瀬田の唐橋

滋賀県南部に、浮世絵師・歌川広重によって描かれた錦絵で有名な近江八景ゆかりの地がある。①石山秋月(いしやまのしゅうげつ)②瀬田夕照(せたのせきしょう)③粟津晴嵐(あわづのせいらん)④矢橋帰帆(やばせのきはん)⑤三井晩鐘(みいのばんしょう)⑥唐崎夜雨(からさきのやう)⑦堅田落雁(かたたのらくがん)⑧比良暮雪(ひらのぼせつ)以上八景である。「瀬田の夕照」で有名な「瀬田の唐橋」を仕事でよく渡る。橋のあちらこちらのサビがちょっと気にかかる。近日、塗り替えるそうだが、何色にするかもめている。今の唐橋は1979年コンクリートの橋として完成したが、かつて木製の橋だった経緯から木造色(クリーム色)が選ばれた。今月21日から約半年かけて再度木造色に塗る予定だったが瀬田川流域観光協会が鎌倉時代の「石山寺縁起絵巻」に唐橋が朱色で描かれているので、塗り替えるなら、クリーム色ではなく朱色だと主張する。史実は鎌倉時代は朱色で江戸時代は木の色だったようだ。私はインパクトのある朱色に賛成である。

2009年12月 2日 (水)

見たくない

最近見たくないもの・・・国会で踏ん反り返る「亀井静香」大臣。早朝のニュース番組での二日酔い気味の「みのもんた」。作法がデタラメな「朝青龍」が懸賞金を受け取る姿。人気凋落の「小島よしお」が出演するバラエティ。食事時に映像が流れる尿漏れの薬やリハビリパンツやトイレの消臭剤のCM。単なる損害保険で、怪我による入院しか保証が受けられないのに医療保険を装って販売しようとする「地井武男」のクドいCM。「松田聖子と中島みゆき」が出演する年齢不相応の富士フイルム化粧品のCM、入浴シーン200回達成した「水戸黄門」での「由美かおる」58歳の入浴シーン。それでもテレビは無差別に不快映像による攻撃の手を緩めない。だったら見なきゃいいじゃん。

2009年12月 1日 (火)

ブラウザ

インターネットの話をすると英語がいっぱい出てくるので、ついてゆくのが大変だ。昔はOS、ブラウザ、ポータルサイト、ブロードバンド、プロバイダ、アプリケーションなどの言葉の区別さえわからなかったが、最近は少し理解できるようになった。「portal site」にはYahoo Google livedoor Goo MSN Exciteそしてプロバイダ系の@nifty BIGLOBE OCN au-one So-Net ODN eoなどがある。そしてインターネットの入り口とも言うべき「browser」には青いボタンのマイクロソフトのインターネットエクスプローラー(IE)、モジラのFirefox、アップル系のSafari、GoogleのChrome、ノルウェイの通信会社がルーツのOperaなどがある。永らくIEに馴染んでいるが、最近Google Chromeを使ってみたが、比較的動きがサクサクして快適だ。ただブラウザによって見られないもの、動きがおかしいものもあってややこしい。Youtubeも「Internet Explorer7」では見られなくなり、Internet Explorer8をダウンロードして使ってみたが、そうすると某証券会社の株価が見られなくなり、7と8を併用せざるを得ない状況だ。しかも最近はパソコンを立ち上げると、やれセキュリティが脆弱だからアップグレードせよとか、電源を切ろうとすると更新プログラムがどーのこーので電源を切るな!とかうるさい。パソコンを活用し楽しむために電源を入れているのであって、更新やアップグレードをするために使っているのではない!状況はますます混沌としてきた。

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »