« 丸山茂樹 | トップページ | COP »

2009年12月 7日 (月)

イラネーム

2009年赤ちゃんの命名ランキングが発表された。男の子①大翔(ひろと)、②翔太(しょうた)、③蓮(れん)、④颯太(そうた)、⑤蒼空(そら)、女の子①凛(りん)、②さくら、③陽奈(ひな)、④結愛(ゆあ)、⑤結菜(ゆな)の順だった。読み方がわからなくてイライラしてしまうような、まさにイラネームである。名前に使用する漢字には規定があるが読み方は自由だ。男の子第1位の大翔も読み方は「ひろと」「はると」「やまと」「だいき」などいろいろあるそうだ。最近の若い親たちは、素晴らしい名前だと思っているだろうが、一般社会、とりわけ中高年から見ればどうかと思う。漢字本来の意味よりも語呂合わせ、響き、ファッション性が優先されている。特にひどい当て字や和洋折衷は、初めてその名前を見た他人は読むことができず、読み間違えると失礼かと思って悩む。そして親は気に入っても本人が気に入らず、それでイジメに遭う事も考えられる。和洋折衷も多い。騎士(ないと)宇宙(ひろし)亜登夢(あとむ)夢露(めろ)童夢(どうむ)摩周(ましゅう)・・・本人には罪はないが、もう無茶苦茶である。ただ笑里(えみり)は許せる。なぜなら私はバイオリニスト宮本笑里の隠れファンである。先日タレントの松本人志さんは、自身の長女を「てら」と命名したそうだが、意味不明だ。若い親たちは「漢字」の意味や「かな」の発生の歴史、文化、美しさを理解出来なくなっているようだ。イラツク。

« 丸山茂樹 | トップページ | COP »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 丸山茂樹 | トップページ | COP »