« 視聴率 | トップページ | 見たくない »

2009年12月 1日 (火)

ブラウザ

インターネットの話をすると英語がいっぱい出てくるので、ついてゆくのが大変だ。昔はOS、ブラウザ、ポータルサイト、ブロードバンド、プロバイダ、アプリケーションなどの言葉の区別さえわからなかったが、最近は少し理解できるようになった。「portal site」にはYahoo Google livedoor Goo MSN Exciteそしてプロバイダ系の@nifty BIGLOBE OCN au-one So-Net ODN eoなどがある。そしてインターネットの入り口とも言うべき「browser」には青いボタンのマイクロソフトのインターネットエクスプローラー(IE)、モジラのFirefox、アップル系のSafari、GoogleのChrome、ノルウェイの通信会社がルーツのOperaなどがある。永らくIEに馴染んでいるが、最近Google Chromeを使ってみたが、比較的動きがサクサクして快適だ。ただブラウザによって見られないもの、動きがおかしいものもあってややこしい。Youtubeも「Internet Explorer7」では見られなくなり、Internet Explorer8をダウンロードして使ってみたが、そうすると某証券会社の株価が見られなくなり、7と8を併用せざるを得ない状況だ。しかも最近はパソコンを立ち上げると、やれセキュリティが脆弱だからアップグレードせよとか、電源を切ろうとすると更新プログラムがどーのこーので電源を切るな!とかうるさい。パソコンを活用し楽しむために電源を入れているのであって、更新やアップグレードをするために使っているのではない!状況はますます混沌としてきた。

« 視聴率 | トップページ | 見たくない »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 視聴率 | トップページ | 見たくない »