« ユニクロ | トップページ | 年末の第九 »

2009年12月10日 (木)

赤星引退

私はヤクルトスワローズのファンである。阪神対ヤクルトの試合を見ていて、一番憎い、鬱陶しい存在の選手は金本でも新井でも藤川でもない。赤星である。投手が塁に出すまいとプレッシャーを感じ、結局四球で塁に出すといきなり盗塁をする。しかも余裕でセーフ。外野守備では、ヤクルトの選手が左中間のヒットを打ったかと思ったら、落下点に赤星がいて、キャッチする。そんな憎き赤星が、今年9月12日甲子園での横浜戦、ダイビングキャッチした際の中心性脊髄損傷と言う命にかかわる大怪我が理由で引退する事になった。どんな記録を残したかは知らないが、少なくとも新庄の抜けた穴を埋めて余りある活躍をしたことは間違いない。盗塁の数だけ車椅子を障害者に贈ったことも印象に残る。敵ながら大アッパレな選手だった。

« ユニクロ | トップページ | 年末の第九 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ユニクロ | トップページ | 年末の第九 »