« 桜の開花予想 | トップページ | 2009年10大ニュース »

2009年12月26日 (土)

左側通行

大阪の地下街や商店街を歩くと、誰が決めたか知らないが、必ず人間は左側通行になる。昔武士が左の腰に刀をさしていたので、右側通行だったら刀の鞘が当たってトラブルの元になるからとか、人間の心臓が左にあり、それを本能的に守ろうとするからとか諸説ある。厄介なのは自転車である。普通は車道を走るが、時には歩道をスイスイ飛ばしてゆく非常識な人間がいる。また道路交通法で自転車は車道を走るときは左を走らなければならない。にもかかわらず、右側を猛スピードで走ってくる状況に時々遭遇する。これは危ない。夕刻私が自動車で左側を走っていた時、無灯火の傘差し自転車が右側通行で突進して、危うく接触しそうになったことが最近あった。自転車の若者に交通ルールなど守る気はないのか。夜明け前信号無視で走る車、制限速度50kmの道のど真ん中を30km程度でヨロヨロ進む高齢者のバイク・・・歳末、危険がいっぱいだ。

« 桜の開花予想 | トップページ | 2009年10大ニュース »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 桜の開花予想 | トップページ | 2009年10大ニュース »