« 寒中見舞い | トップページ | 丸山茂樹 »

2009年12月 5日 (土)

エコポイント

10月に申し込んだエコポイントの交換品が昨日やっと届いた。国からお歳暮をもらったような気分だが、冷静に考えれば、我等が払った税金の払い戻しのようなものだ。エコポイントが導入されるころ、当時野党の民主党もマスコミも導入に猛反対した。「政策の実現プロセスにコストが掛かり過ぎる」とか「事務局がどこにどういう形で出来るか分からないし、交換商品も商品券なのかプリペイドカードになるのかまったく決まっていない」「全体的に手続きが煩雑で使い勝手が悪い」など評論家は騒いでいた。・・・しかし現在何とかメリットが出てきたし、経済効果も若干出てきた。批判していた民主党も政権をとったら制度を延長すると言う。勝手なものだ。でも延長されるとわかったら、あわてて家電品を買う必要もないので、年末年始の売り上げはぐっと落ちるだろう。定額給付金も「ばら撒きだ」と批判の嵐であったが、やはりもらうとうれしい。民主党の子供手当てよりは公平感がある。配偶者控除・扶養控除を廃止して子供手当てを出すのは、矛盾点が大いにある。子供のいない家庭は大増税で「苦しめ!」と言わんばかりだ。基地問題でも、日米国家間の関係より社民党のメンツの方が重要らしい。今から思えば麻生総理はもしかして立派な人だったのかもしれない。

« 寒中見舞い | トップページ | 丸山茂樹 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 寒中見舞い | トップページ | 丸山茂樹 »