« 2009年10大ニュース | トップページ | 子供 »

2009年12月28日 (月)

酒気帯び2010年問題

西暦2000年になるとき、コンピュータに世界的異常が発生すると言う2000年問題というのがあったが、大きな混乱はなかった。2007年問題と言うのもあった。企業の中枢にいる団塊の世代が一斉に定年退職し企業が混乱を来すという話だったが、とりあえずこれもクリア。今年もあと4日後には2010年になる。今度は2010年問題である。大型医薬品の特許が一斉に切れ、大手製薬業界が一気に経営危機になると言う問題と、もうひとつは、コンピュータの電子署名や暗号化通信に使う暗号技術が、より強度のある次世代のものに移行するそうで、いろんな場面で混乱が予想されるそうだ。さらにはガソリンから電気自動車への普及でガソリンスタンドが潰れたり、充電ステーションになったり、大きく変化しそうだ。ついでに来年の政局を酒気帯び爺が、むちゃくちゃ大胆予想!平均株価が1200円~900円を乱高下し、春には気力を失った鳩山由紀夫総理から菅直人総理に代わり、拉致問題が解決に向けて進展し、参議院選挙で民主党が圧勝し、直後に連立政権を解消し、消費税10%が可決し、党内左派不満分子が連立解消された国民新党と社民党を含め「赤福亀党」を結成し、かたや自民党の小泉派と公明党の一部と民主党前原誠司グループが「公誠泉党」を作り、混乱の中「小沢甘辛党」と名前を変えた民主党から原口一博総理大臣が誕生し、仕分けで名を馳せた蓮舫議員が官房長官に就任。政治に嫌気がさした岡田克也外相は大手スーパーの社長に転身。石原慎太郎東京都知事が気力減退で突然辞任し、後任ポスト目指して閑職にあった菅直人が出馬・・・少々酔いが回ったが、想像するのは勝手だ。

« 2009年10大ニュース | トップページ | 子供 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2009年10大ニュース | トップページ | 子供 »