« ごみ屋敷 | トップページ | 夫婦共働き »

2010年1月14日 (木)

ポルトープランス

日本時間で13日午前6時53分、中米ハイチでマグニチュード7の強い地震があり、壊滅的被害が発生したようだ。この国は近年デュヴァリエ親子による北朝鮮のような無茶苦茶な独裁国家であったため、民は貧困に苦しみインフラ整備もひどい状況であった事が被害を大きくしてしまったようだ。早く救済の手をさしのべてあげて欲しいものだ。かつてはフランスの植民地だった関係で私はずっとこの歳になるまで首都はポルトーフランスだと思っていたが、実は「フ」に「丸」がついてポルトープランスPort-au-Prince・・・フランス語で「王子の港」の意味だと最近知った。全然話が違うが京都先斗町の「ポント」の語源は一説によるとポルトガル語のponto(「先」の意味)にあるとされる説と、鴨川と高瀬川に挟まれているため、「堤」であると捉え、「鼓」が「ポン」と鳴ることに掛けて、「ポント」となったという説もある。昔「お座敷小唄」と言う歌があった。「♪富士の高嶺に降る雪も、京都先斗町に降る雪も♪」一昨日あたりから今シーズン最大級の寒波襲来で、夜明けは連日氷点下で、昼間も気温が上がらない寒さである。幸いわが住まいの付近は水分が空から降ってこないのがラッキーだが、北国ばかりではなく、北陸、近畿北部、山陰、そして九州四国の平野部でも雪である。

« ごみ屋敷 | トップページ | 夫婦共働き »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ごみ屋敷 | トップページ | 夫婦共働き »