« メダル5個 | トップページ | ぞろ目 »

2010年2月14日 (日)

バレンタイン

サラリーマンであればバレンタインデーが日曜日であれば、義理チョコをいただく確率が減り、もらう側は寂しいが渡す側は助かるかもしれない。いまさらチョコレートで一喜一憂する歳でもないが、やはり「ない」より「ある」ほうがうれしい。本日チョコは若干もらったがメダルはなかった。ジャンプノーマルヒル伊東大貴15位、葛西紀明17位。女子モーグル上村愛子4位、村田愛里咲8位。「メダルだ!メダルだ!」とマスコミは煽り、もらえなかったらこき下ろす、結果がすべての世界。義理でもいいからもらって欲しかった。バレンタインに合わせて売り場に氾濫するチョコレートの原料であるカカオを、日本は60%近くガーナから輸入している。そこで働く少年労働者はカカオから作るチョコレートの甘い味も知らない。日本だったら小学生の年齢の子供が学校も行けず働かされ、賃金はほとんど搾取され、それが日本にやって来て「バレンタイン」の大騒ぎ。「本命」であろうが「義理」であろうが現実を知ると、チョコレートの味もほろ苦い。

« メダル5個 | トップページ | ぞろ目 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« メダル5個 | トップページ | ぞろ目 »