« ぞろ目 | トップページ | 微妙 »

2010年2月16日 (火)

金のウェアで銀と銅

スピードスケート男子500メートルで長島圭一郎が銀メダル!加藤条治が銅メダル!ウェアは金色だったが、とりあえずメデタシメデタシ。学生時代無名の自称「雑草」の長島、学生時代華々しい実績を残した「天才」加藤・・・ここに来るまでの道は違えども、結果は見事だ。品格に問題はあったが技の切れ味は天才的だった朝青龍の不祥事で高砂親方が役員待遇から主任へ2階級降格し、春場所の役割分担で「非常口係」と言う閑職に追いやられた。降格と言えば政治主導をアピールするため、天下り阻止と各省庁の次官・局長級から部長級への降格人事を容易にできるよう法案を検討中だが、簡単には決まらないだろう。どんな組織でも栄転は明るいが、左遷はギスギス角が立つものだ。

« ぞろ目 | トップページ | 微妙 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ぞろ目 | トップページ | 微妙 »